海老鶴温泉

投稿日:

今まであった施設の隣に新築して新しい公衆浴場としてオープンとなった海老鶴温泉です。旧施設も残っていましたがその後の利用状況についてはわかりません。外観と館内、共にきれいな公衆浴場の印象です。入口から段差のないバリアフリー設計となっていました。下駄箱コーナー壁に所有する2つの源泉の分析書を掲示。受付横にあるロビーには飲泉所もあり、きちんと飲泉用の分析書も掲示されていました。

受付時に手荷物が小さかったこともあり石鹸等の持参の有無を聞かれました。女将さんは「もし石鹸を持参していない場合は貸しますよ」「お湯に浸かる前に身体を洗ってから浸かってほしい」とのこと。脱衣所には木製の長椅子が置かれていますが身体を洗った洗わないに限らず「生尻禁止」とあります。必ず持参のタオルを敷いてから座るように注意書きがありました。いろいろなルールがありますが、これも他のお客さんが気持ちよく利用できるようとの女将さんのご配慮でしょう。営業時間は6-22時ですが、12-14時の2時間はコロナ対策の一環で消毒清掃タイムとなっているので訪問の際には注意です。

浴槽は2つ、タイル造りで縁のみ木で縁取ってあります。広さは左側から順に3-4人と2人ほどでしょう。それぞれの浴槽背面壁には「あつめ」「ぬるめ」の表示がされています。どうやら利用源泉が異なり「芳賀2号源泉」「海老鶴1号源泉」を利用しています。お湯はどちらも基本は似たようなもので薄っすらと茶黄色がかった透明湯です。ツルツルも少し感じました。明らかなのは湯温の違いで体感ですが約44-45℃と約42.5℃ほど。オーバーフローは湯面スレスレ部分に排湯口を設けてありそこから流れ出ていきます。ゆえに掛け流しの湯使いですね。

湯上り後はロビーにて女将さんと常連客と軽く会話、飲泉もしてサーバーによる冷水もいただきました。新築公衆浴場で料金も300円とは格安といってもいいでしょう。海老鶴温泉、おすすめできます。
(三昧・2022年5月)


つい最近全く新しい浴舎を新築したとのことで、なんと19年ぶりに再訪した海老鶴温泉です。当時から鮮度の良い泡つきのスベスベ熱湯が人気でしたが、なんといっても生活感溢れる館内と店番をしていた小学生、大旦那らしき男性が魚かなにか(詳しい種類は忘れました)の温泉を使った養殖について教えてくれたりと、妙に印象に残る施設でした。(魚はティラピアでした。公式サイトに載ってました。)

19年ぶりに訪問してみると、すでに引退し電気の消された旧浴舎のすぐ隣に、新築のピカピカとした輝きを放つ新浴舎が堂々完成していました。玄関まわりからして以前のB級感とはまるで違い、和の雰囲気を取り入れた落ち着いた雰囲気すら漂っています。

浴室は男女別に内湯があります。脱衣所に場所取り禁止の掲示があるんですが「場所の指定料いただきます」の一文がユニーク。脱衣所の椅子に貼られた「生尻禁止」は、山形県内の他の施設でも見かけたので流行っているのかな?

浴室には二つに仕切られた浴槽があり、片方がやや熱め寄りの適温、もう片方が旧浴舎時代と同じくらいの熱めとなっていました。薄い麦茶のように澄んだ湯はツルスベとした肌触りのよいもので、浴槽サイズにして十分な投入量があり、既に大勢の人が浸かった夕方の訪問でもそれほどヘタることもなく、特に浸かる人の少なかったと思える熱湯浴槽ではなかなかの鮮度湯を楽しむことができました。
(まぐぞー・2022年5月)

▼玄関

▼掲示・手相が気になる(女将さんが鑑定するのかなぁ?)

▼海老鶴温泉・旧施設訪問レポ(2003年11月)

海老鶴温泉(旧施設→新施設へ)

海老鶴温泉 温泉分析

山形県西村山郡河北町谷地海老鶴164
Googleマップでみる
6時~12時・14時~22時(12時~14時は清掃・消毒のため不可)
300円
訪問:2022年5月

海老鶴温泉 データ

海老鶴1号源泉 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 46.3℃ pH=7.9 溶存物質計=1670mg Na=520.0mg K=8.6 Mg=1.6 Ca=44.0 Mn=0.1 Fe2=0.1 F=0.1 Cl=653.5 Br=1.4 I=0.2 SO4=0.7 HCO3=357.9 H2SiO3=77.0 HBO2=4.9 CO2=37.0 (H27.3.23)

芳賀2号源泉 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 50.0℃ pH=8.1 溶存物質計=1161mg Na=371.0mg K=5.6 Mg=1.3 Ca=12.5 Mn=0.1 F=0.3 Cl=382.0 Br=1.0 I=0.1 HCO3=295.9 H2SiO3=88.2 HBO2=3.2 CO2=96.8 (R2.3.31) ※温泉利用状況=掲示確認できず(公式サイトに加温・加水・循環なしと記載あり)

Google・山形・宮城




地域別入湯ボタン

-山形県の温泉
-

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.