鹿児島県の温泉

つるまる温泉(鶴丸温泉)

投稿日:

JR鶴丸駅のすぐ前にある湯治宿の鶴丸温泉です。今回は立ち寄りでお邪魔させていただいました。ちょうどお昼前で仕込みなのか仕出しの調理なのか分かりませんが、調理場はバタバタと忙しそうです。その合間を抜けて受付して下さいました。

そのまま脱衣所へ。ガラス張りの向こう側には内湯が見通せる造りです。浴槽はタイル造り浴槽が二つあります。陸上トラック型で片方は4人サイズで浴槽半分が浅い半身浴槽のもの、もう一方は5人サイズの通常浴槽です。どちらの浴槽とも湯温が約43-44℃でほとんど変わらない設定でした。両浴槽にかかるように湯口があり、水道蛇口から源泉が少量ほど吐き出されていました。バルブによる自由投入と差し水も可能な造りになっています。お湯は薄紅茶色、モール臭がするものです。モールの香りとツルツルとした感覚が気持ちよいですね。

更に露天風呂もありました。内湯の小窓のような出入口が通路になっていました。かがんで移動するようです。屋根掛けされた4人サイズ、木造の露天風呂です。ここに着くまでの足下が滑りやすいので注意しましょう。湯温は約45℃はありそうなほど熱めでした。ただ湯色は内湯よりは濃いように見えましたがその辺はどうでしょう。光の加減で気のせいなのか、内湯は加水してあったどうかは分からず。それと今年になってリニュアルを期に料金が200円から300円に値上げになったようでした。
(三昧・2018年10月)


 
以前からその名前が妙に気になっていた「つるまる温泉(鶴丸温泉)」です。やや鄙び感漂う施設で、温泉浴場の他に宿泊、食堂、仕出しもやっているようです。ちょうどお昼の訪問では、仕出しが忙しそうでした。

料金を支払い浴室へ。館内・浴室も含めて飾り気のない公衆浴場といった雰囲気があり私の好みです。男女別浴室にはそれぞれ内湯と露天風呂がありました。脱衣所を抜けるとまずは内湯です。白鷺の描かれた大きなタイル絵が目をひく浴室は、清潔感があり、外光がよくとりこまれ明るくいい感じです。浴室には楕円が二つくっつくように並ぶちょっと変わった構造の浴槽がありました。それぞれ7~8人サイズの浴槽に綺麗な紅茶色の湯が満たされています。モールと重曹のもったりとした香りの湯はスベスベとした肌触りがあり、おそらくは加水もされているのかもしれませんが浴槽内で適温の浸かりやすいものです。

浴槽には源泉投入と加水のできる蛇口があり、利用者が自由に調整できる仕組みになっていました。源泉湯口からは激熱源泉が流れ、コップも置かれていたので一口含むと、ちょっと独特の温泉成分から来るクスリっぽい風味があり、漢方でも飲んでいるかのような味がしました。

内湯を出ると、ちょっとした中庭のような部分に蒸し風呂小屋と露天風呂があります。蒸し風呂は訪問時がたまたまなのかあまり機能していない様子でした。蒸し風呂の小屋にくっつくように4人サイズの四角い露天風呂があり、こちらは激熱源泉をチョロチョロ投入、浴槽内で適温の掛け流しとなっていました。加水無しの濃いコーラ色の湯は、浴感・湯の香り共に内湯より断然濃いものでした。源泉投入が少なく「湯なまり」がおこりそうな湯使いですが、訪問時は利用者がしばらく無かったのか湯の状態も良く満足。難点は「蚊」が多かったこと。九州の温泉場は蚊が多めのパターンがよくあります。
(まぐぞー・2018年10月)

▼外観

▼玄関

▼猫がうようよいます

▼受付はこちら

▼料金表

▼男性内湯浴室

▼浴槽

▼湯口

▼手桶の「つ」がいい味出てます

▼男性露天風呂

▼露天風呂湯口

▼女性脱衣所

▼女性内湯

▼内湯湯口

▼浴槽から

▼女性露天風呂

▼露天風呂浴槽

▼湯口

▼浴槽から

▼最近の分析掲示は見当たらず

つるまる温泉(鶴丸温泉)

鹿児島県姶良郡湧水町鶴丸622-5
Googleマップでみる
0995-75-2858
6時~21時
300円
訪問:2018年10月

Google・その他九州

-鹿児島県の温泉
-

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.