北海道

俄虫温泉旅館

投稿日:

函館に向かって国道を移動中、たまたま通りがかり俄虫というネーミングに惹かれて立ち寄ってみました。夜間のため既に周囲は真っ暗の中での訪問となりました。途中にある案内看板を目印に到着。この地域の温泉旅館の俄虫温泉、立ち寄り入浴も受けていて行ってみると券売機があり利用券を購入します。ごく一般的な大浴場利用のつもりでしたが、偶然にも目についた家族湯が気になり空いていたので利用してみることに。

家族湯は3室、全部屋に内湯があり更にそのうちの1室には露天風呂も備えている。我が家は内湯のみ浴室を利用。脱衣所から内鍵をして貸切にする。浴室に入り右側には2台のカランシャワーが、左側には浴槽が配置されている。ちょうど2人サイズのタイル浴槽はとてもシンプルな造り。湯舟脇の壁より突き出た塩ビ管が湯中に直に伸びていてそこからお湯が注入されている。サラサラと静かに溢れ出しがあるが、結果的に加水・加温・循環ろ過・消毒ありの逆パーフェクトな湯使いで湯舟底には吸込み穴があり作動していた。お湯は無色透明で無味無臭でクセのない印象であった。カルキ臭を感じないことだけは合格点だろう。次回、近くにきたら一般浴場を利用してみたいと思う。
(三昧・2018年9月)


車中泊で北海道を湯めぐりしている際に、一日の〆の湯として立ち寄った温泉旅館です。まったく前知識はなくたまたま通りがかりに「俄虫」という名前に惹かれて立ち寄ってみました。訪問時は既に辺りは真っ暗でやっているかもわからずでしたが、近づいてみると灯りが見え、立ち寄り客と思われる車の出入りもあったのでホッと一安心です。

俄虫温泉旅館はやや年季の入った中規模の宿で(暗くなっての訪問だったのでそう感じただけかもしれません)、受付には券売機もあり日帰り入浴も積極的に受け付けているようでした。館内には宿泊客の他にお風呂セットを持ったお客さんの姿も見られます。浴場は大浴場の他に家族湯もあるそうで、せっかくなので利用してみることにしました。

家族湯はちょっとした脱衣所に、こぢんまりとした浴室というごく平均的な造りです。タイルばりのスッキリとした浴室内には2人サイズのシンプルな長方形浴槽がひとつあり、適温調整された無色透明湯が満たされていました。源泉温度が低いので循環は覚悟していたのですが、もしかすると家族湯ということもあって加温かけ流しかも?と期待はしていたんですが、予想通りの循環利用でした。人が浸かると溢れ出しもあり、塩素掲示はあったものの嫌な臭いがまったくなかったのはよかったです。肝心の湯はサラッとした当たり障りのないもので、毎日のお風呂にはいい感じがしました。
(まぐぞー・2018年9月)

▼看板/館内

 

▼ヒグマとエゾシカ

 

▼利用した家族湯

▼浸かった様子

▼湯口/人が浸かるとザっと溢れ出しもあります

 

▼見学のみの男性大浴場

北海道桧山郡厚沢部町上里92番地
0139-67-2211
11時~22時(土日10時~)
家族風呂(内湯のみ1500円・露天風呂つき1800円)
大浴場400円
訪問:2018年8月
上里2号源泉 単純温泉 30.7℃ 160L/min(掘削自噴) pH=3.7 溶存物質計=0.099g H=0.2mg Na=6.7(23.97mv%) K=1.2 Mg=4.2(28.93) Ca=4.4 Al=0.5 Mn=0.4 Fe2=1.2 Zn=0.2 F=0.4 Cl=22.9(54.62) SO4=25.1(43.70) H2SiO3=27.3 HBO2=3.8 CO2=22.4 H2S=0.5 (H20.12.3) ※温泉利用状況=加水あり・加温あり・循環あり・次亜塩素酸カルシウムによる消毒殺菌あり

-北海道

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.