北海道

緑の湯

投稿日:2019年2月16日 更新日:

きれいに澄んでおり、青く発光したように見える池「神の子池」の見学帰りに立ち寄りした日帰り温泉施設です。施設入口玄関横に「100%源泉掛け流し」の案内掲示がありました。受付廻りには定番の地元産野菜の販売がありました。

男女別に内湯と露天風呂がそれぞれに一つずつあります。内湯に入って右手にはカランシャワーの洗い場があり、正面から左手部分には浴槽が配置されています。正面にある浴槽は中温槽と表示があり、7-8人サイズの横長タイル造り、右には高温槽の表示で5人サイズのタイル風呂となっていました。両浴槽共に淡緑色に見えると透明湯で、湯温は高温槽で43℃、中温槽で41℃ほどでしょうか。肌さわり優しいとろみ湯で湯上りにはホコホコと温まります。両浴槽共に浴槽一部分よりオーバーフローさせての掛け流し。塩素消毒ありということでしたが、一切気にならずの湯浴みでした。

露天風呂もありました。6-7人ほどの露天風呂という感じ。周囲を塀で囲われているので眺めとは無縁である。39-40℃ほどに湯温調整してあり比較的長湯が楽しめる。こちら露天風呂も内湯同様に掛け流されていた。
(三昧・2018年8月)


北海道の大自然に囲まれた静かな斜里郡清里町の温泉施設です。訪問前は鄙びた共同浴場をイメージしていたのですが、実際に訪問してみるとなかなか立派な施設でちょっと意外でした。

館内には男女別大浴場があり、それぞれ内湯と露天風呂を備えています。先ずは内湯ですが、すっきりとした機能的で使い勝手のいいシャワーが並びシャンプー・ボディソープも置かれた浴室には、二つの長方形浴槽がL字型に配置されています。ひとつが適温の4人サイズ浴槽、もうひとつがぬるめ寄り適温の6~7人サイズ浴槽です。どちらの浴槽もごくわずかに緑がかっても見えるほぼ無色透明湯が掛け流されています。スベスベとした肌触りのなかなか心地よい湯です。

続く露天風呂は5~6人サイズの適温湯が掛け流しとなっていて、内湯と比べややこなれ気味になっています。これは「嫌なこなれ気味」ではなく、湯の感触が柔らかくなる良い方向での「こなれ気味」で、より一層スベスベ感が増し心地よさもアップしていました。

館内掲示には塩素投入の掲示もありましたが、いずれの浴槽でも臭いはなく、なかなかの掛け流し量で満足度の高い湯浴みをたっぷりと楽しませていただきました。
(まぐぞー・2018年8月)

▼地元農産物が売られています


 

▼館内掲示

▼館内展示物

▼男性脱衣所

 

▼男性内風呂

▼高温風呂

 

▼中温風呂

 

▼男性露天風呂

▼湯口と溢れ出し

 

▼神の子池

緑の湯 簡易データ

北海道斜里郡清里町緑町26番地
0152-27-5511
10時~21時(1月・2月10時30分~21時30分)
年末年始休み
390円
訪問:2018年8月

緑の湯 温泉分析概要

清里町4号井(緑の湯)ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 44.3℃ pH=8.8 溶存物質計=1.815mg Na=555.6mg(88.24mv%) K=24.9 NH4=0.2 Mg=3.0 Ca=46.5 Fe2=0.1 F=8.2 Cl=690.5(71.49) OH=0.1 HS=0.4 SO4=289.2(22.09) HCO3=40.3 CO3=19.2 HPO4=0.1 H2SiO3=107.1 HBO2=29.6 HAsO2=0.3 CO2=0.2 (H21.11.17) ※温泉利用状況=塩素消毒あり



スポンサーリンク

-北海道

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.