北海道

豊富温泉 ふれあいセンター

投稿日:2019年2月5日 更新日:

豊富温泉 ふれあいセンターで日帰り入浴

豊富温泉は小さな温泉街を形成している温泉地です。なかでも豊富ふれあいセンターは町営の日帰り温泉施設で当日は利用者で賑わっていました。入浴受付すると「初めてですか?」などといった質問がありました。「そうです」と答えると館内のことや二か所ある温泉浴場などの説明などがありました。受付横には食堂があり当館利用者はもとより、外来食堂利用のみも可能です。我が家は入浴後に利用してみました。他にも畳敷きの休憩室や温泉湯治の相談施設までもあります。

二つある浴場は一般浴場と湯治浴場で、まずは一般浴場に廊下を進んで向かいます。脱衣棚にカゴが置かれた一般的な脱衣所で、片隅にはサウナ室までも置かれていました。ガラス張り窓の浴室、それに沿うようにタイル浴槽が横に長く配置されています。タイル浴槽といっても赤茶系の析出の堆積で素材の判別さえままならない状態です。

それにしても浴室に漂う石油臭が鼻を突きます。これは非常に特徴的ですね。浴槽は横並びで10人以上が浸かることができる広さがあります。右端には一人用の寝湯がありましたが、これは利用せずでした。

お湯は薄い黄緑色濁りで湯表面には見るも油が浮いているのがわかります。それ以上に強力な石油臭がガンガンとします。湯舟内で身体を触るとまさにオイルそのものの感触ですね。左端の石湯口から浴槽へ投入がありますが、おそらく浴槽内での注入もあるかと思われます。試しに湯口にて少し口に含んでみましたが、強め塩味に苦味、石油臭ありといったところです。浴槽前面部分よりオーバーフローがあり、加温かけ流しと思われます。更に、浴槽から上がると身体に油成分が付着したままになりかなりベトベトした状態となりました。このような経験は初めてで衝撃を受けました。

お次は服を着て湯治浴場へ移動します。脱衣所色口横には「こちらは湯治浴場は38-39℃のぬるめ温度設定」「8:30-10:30頃までは油分と湯の花が多めです」「上記時間以外は一般浴場と濃さは変わりません」と掲示がありました。浴室に入り右手に洗い場、正面向かって右手に2人サイズ浴槽が、左手には6人サイズの浴槽が配置されています。訪問時は利用者の方はほぼ全員の方が湯治目的と言ってもいい状況でした。

左右の浴槽の中間スペースには「温泉原油」が、シャンプーなどの入れ物でお馴染みのポンプ式容器に入れられています。これを湯治客の方々が治療目的で適量を自身の身体に塗布されておられました。湯治でもなんでもない自分は6人サイズ浴槽に静かに浸かる湯治の方々と短時間だけご一緒させていただきました。体感ながら湯温は39℃ほどだったでしょうか?油成分でドロッとまではいきませんが、そのような感じを覚えてしまうほどの成分の濃い湯に短時間ながら浸かって浴場を後にしました。
(三昧・2018年8月)


油成分の浮く日本有数の特徴ある温泉で有名な豊富温泉です。その温泉街の中心的存在が日帰り温泉施設ふれあいセンターです。訪問前は油分と強い臭いの温泉という源泉についてだけの情報しか持たなかったのですが、豊富温泉へ実際に行ってみると温泉街全体が皮膚疾患湯治に力を入れていて、玉川温泉のような独特の雰囲気が構築されていたのにはビックリしました。その豊富温泉の中でも特に通い湯治の場として湯治客が集まるのが、ふれあいセンターです。

館内には男女ともに二か所浴場があり、ひとつが一般浴場、もうひとつが湯治浴場となっています。この他に広々とした休憩スペース、手ごろな値段で地元の人にも人気の食堂、湯治経験のある女性が湯治に関する相談に乗ってくれるコンシェルジュデスクまであります。

初訪問の今回はせっかくなので、一般浴場と湯治浴場の両方に入ってみようと思いました・・・が、最初に入った一般浴場ですっかりヘロヘロになってしまい、湯治浴場は入らずじまいになってしまいました。

一般浴場は窓が大きく取られた明るく広い浴場に20人サイズほどの湾曲した横長浴槽があり、湯口より熱めに加温された無色透明源泉が流し込まれ、浴槽内で適温の緑黄土濁りとなり掛け流されています。湯面には評判通りギラギラとした油成分が漂い、強烈な石油臭が浴室内を満たしていました。

そっと湯に浸かると油成分が皮膚に絡み、これまで経験の無いようなギトギトとした肌触りに包まれます。そしてしばらく浸かっていると、油面からの温泉成分の影響なのか、顔がカーッと熱くなってくるんですね。湯口に触れると油でギトヌル、浴槽から少量の溢れ出しがある洗い場もギトヌル。とにかくまぁ、日本中探してもこんな温泉無いんじゃないの?というくらいの凄い湯でした。また、大浴槽からの流れ込みで一人用の寝湯があり、そちらではたっぷりの茶色い湯花が見られました。

浴後は休憩室でまったり、そして食堂では豊富温泉で採取している天然ガスで焼くジンギスカンを、おいしくいただきました。テーブルにホースで引かれたガスコンロでジンギスカンを焼くんですが、最初火が付いているのかわからず下を覗き込んでいたら、隣の地元の方が「ここでとれた天然ガスを利用してるから火が青くて見づらいんだよ」と教えてくれました。よーく見ると確かに綺麗な青い炎が揺れていました。
(まぐぞー・2018年8月)

▼立て看板と外観

 

▼男性一般浴場脱衣所/サウナ

 

▼男性一般浴場

▼湯口が温泉成分でヌルヌル

▼湯面に油が浮いてギトギトしています

▼流れ込み一人浴槽

▼湯治浴室入口と掲示

 

▼掲示

▼掲示/強酸性水スプレー

 

▼湯治浴室

▼食堂のジンギスカン/天然ガス採取所

 

豊富温泉ふれあいセンター データ

北海道天塩郡豊富町豊富温泉
0162-82-1777
8時30分~21時(20時30分)
510円
1月1日・毎年4月10日前後4日間整備のため休み
訪問:2018年8月

豊富温泉ふれあいセンター 温泉分析概要

豊富温泉(R-1A号井、R-4号井、R-10号井混合)含ヨウ素-ナトリウム-塩化物泉 35.0℃ 151L(聴取)/min(混合) pH=7.8 溶存物質計=13.19g Na=4389mg(96.31mv%) K=25.7 NH4=36.6 Mg=23.7 Ca=54.0 Cl=5734(80.83) SO4=0.2 HCO3=2302 CO3=11.0 HPO4=0.3 Br=13.9 I=13.0 H2SiO3=35.2 HBO2=550.0 CO2=28.4 (H27.9.17) ※温泉利用状況=(一般浴槽)加温あり

豊富温泉公式ガイドブック

-北海道

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.