福島県

小豆温泉 花木の宿

投稿日:2018年5月4日 更新日:

小豆温泉では唯一の宿泊施設です。以前に日帰り温泉施設の「窓明の湯」がありましたがいつぞやか休業となりました。H30年4月初めには新たな「窓明の湯」がオープンします。それまでの期間限定での立ち寄り受付し、それ以降は立ち寄り不可になるそうです、との宿の方の話。

15時ちょうどに入館して受付、廊下を進んで浴場へ移動します。大きな暖簾がかかった男女別浴室入り口があり、その右手には貸切風呂がありましたが詳細は未確認です。広めに造られた造りの脱衣所空間で洗面コ―ナーにはアメニティも充実していました。浴室は旧窓明の湯と同様に窓が少な目で室内は暗めに演出されています。正面向かって左側に洗い場がずらりと並び、右側には縦長浴槽がドーンと配置してあります。浴槽は10数人サイズ、木製湯船で暖かみがある印象。パッと見は溢れ出しもまずまずありいい感じです。お湯はほぼ無色透明、ほんのり温泉臭があります。湯船底部より吸い込み作動と吐き出しあり。湯船端の湯口より源泉投入が約20L/minほど、湯口温度は実測で42.7℃、浴槽内にて43.3℃。源泉投入しつつの循環ありで半循環ってところです。

露天風呂は屋根つき、目の前は雪原と枯れ木の眺めです。3-4人サイズの木造り浴槽が一つある露天風呂です。内湯が大きいサイズな分、小さく見えます。塩ビ管が湯船内に差し込まれて直に源泉投入しているようです。湯船底部よりハードな吸い込み、湯表面に向けてちょっとした噴水吐き出しがあります。内湯同様な半循環の湯使いでした。ただ、オーバー―フロー量が結構あり内湯以上で鮮度は上をいくかと思います。個人的も露天が気に入りました。新たな「窓明の湯」のオープン後は立ち寄り不可なので、今後この湯に浸かるなら宿泊するしかなくなりそうです。
(三昧・2018年3月)


周囲を山々に囲まれた401号線沿いに建つ一軒宿です。これまで何度か目の前を通過しましたが、立ち寄り不可ということであまり意識はしていませんでした。ところが前回近くを通った際に、同源泉を使用している日帰り温泉施設「窓明の湯」の移転建て替え期間中に限って立ち寄りを受けているという事を知り、(前回は時間が無かったので断念)今回あらためて訪問してみた次第です。ただ、あくまでも宿泊者優先で混雑日は立ち寄り不可のような印象を受けたので、念のため事前に確認したのちに訪問しました。

初めて訪問した花木の宿は、広い敷地内に宿泊棟や離れが点在する綺麗系のお宿です。車中泊や鄙び系湯治宿を好む我が家には縁遠い印象のお宿でもあります。館内には石の湯と木の湯の二つの大浴場があり、それぞれに内湯と露天風呂があり、訪問時は石の湯が女性用となっていました。

アメニティが揃った清潔感ある脱衣所を抜けると、まずは内湯です。全体的に照明を抑えた暗め浴室で、天井の明り取りや窓から外光が柔らかく射し込み、落ち着いた雰囲気となっています。造り的には旧窓明の湯と似た印象です。浴室には15人サイズの長方形浴槽がひとつあり、湯口より源泉が投入され、浴槽縁よりさざ波のように溢れ出ています。これとは別に浴槽底部にハードな吸い込みと吐き出しがあり、湯使い的には源泉を投入しつつの半循環といったとこでしょうか。とはいえ塩素臭は無く、湯の印象も良く、かけ流し量も多く満足できる湯です。無色透明の湯はほんのり柔らかな温泉臭がし、引っかかるような肌触りを感じます。

続く露天風呂は5人サイズの石風呂で、湯使いは内湯と同様の半循環です。目の前にはドッサリと積もった雪景色が広がり、清々しい気分で浸かる事ができます。こちらも塩素臭などはなく、溢れ出しも十分あり、湯の状態も良く、気分のいい湯浴みを楽しむことができました。

帰り際にお宿の方に「次は宿泊でごゆっくりなさってください」と笑顔で見送っていただきました。自然豊かな深い山々に囲まれ時間を気にせずのんびり滞在してみたい、そんな印象のお宿でした。
(まぐぞー・2018年3月)

▼外観/浴場への通路

 

▼掲示

 

▼木の湯脱衣所/平澤山湧水

 

▼木の湯内湯

▼内湯浴槽/湯口

 

▼木の湯露天風呂

▼湯口/露天風呂からの眺め

 

▼石の湯脱衣所/石の湯内湯

 

▼内湯浴槽

▼湯口/溢れ出し

 

▼石の湯露天風呂/溢れ出し

 

福島県南会津郡南会津町大桃字平沢山1041-1
0241763115
宿泊予約
立ち寄り不可
日帰り温泉施設「窓明の湯」オープンまでの期間中、代替措置として期間限定15時~17時のみ日帰りを受け付けています。窓明の湯は2018年4月7日オープン。
訪問:2018年3月
3号泉 単純温泉 56.3℃ 600L/min(掘削自噴) pH=8.3 溶存物質計=0.480g Li=1.4mg Na=131.9(83.79mv%) K=4.4 Ca16.0 Sr=0.2 F=10.0 Cl=1730(71.78) Br=0.5 I=0.1 OH=0.5 SO4=17.1 HCO3=46.9 CO3=6.0 H2SiO3=63.9 HBO2=5.8 As=0.1 (H21.5.19) ※温泉利用状況=加温無し

▼湯めぐりアイテム
温泉博士 2019年 01 月号 [雑誌]
年末年始ほぼ使えません。

タニタ 温度計 料理 ホワイト 防水 TT-508 WH スティック温度計
温度計は、細い源泉湧出口の中も計測できる防水機能のあるスティックタイプが良いです。

ケロリン桶 関東版 00350

-福島県
-

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.