夫婦で巡った温泉を、ただ、ただ、アップする地味ブログ。

はしご湯別館・温泉棟

栃木県

門前温泉 常盤ホテル

投稿日:2018年5月2日 更新日:

未訪問だった門前地区にある温泉旅館です。立ち寄り時間外でしたが入浴受付してくださいました。同時にバスタオルと湯タオルが手渡され、受付ロビー横に女性内湯が廊下を折れて進んだ左手に男性内湯はありました。

少し蒸しっとした空間、湯気がこもり気味です。15人サイズのタイル造り浴槽で広めな造り。淡く緑がったように見える透明湯が湯船を満たしています。浴槽端には大きな岩を利用した湯口があり独自源泉を浴槽へと落とし込んでいました。湯温は湯口57.5℃、浴槽にて43.8℃。飲泉コップもあり口に含んでみると塩味に弱い重曹甘味、弱金気臭味に薬臭を感じました。湯口反対側の湯船フチの切り込みよりオーバーフロー掛け流し。塩原らしい温泉で肌に合い気に入りました。
(三昧・2018年3月)


塩原温泉の門前地区をぶらぶら散歩している際に、立ち寄り入浴の案内看板を見かけ「そうだ、ここはまだ未湯だった」と飛び込んでみました。実際にはまだ立ち寄り入浴の受付時間外だったのですが「今ならいいですよ」とご親切にも受付けていただけました。

常盤ホテルは塩原温泉街の中心地的存在門前地区に建つ中規模のお宿で、肩肘張らずに利用できる昔ながらの観光旅館といった印象です。館内には男女別内湯と、別料金で利用できる貸切露天風呂があるようですが、今回は700円で利用できる男女別内湯にお邪魔しました。

女性浴室はフロントの真ん前に入口があります。男性浴室と比べこぢんまりした造りとなっています。浴室には5人サイズ浴槽がひとつあり、湯口より熱め源泉を投入、浴槽内で適温の掛け流し利用となっています。敷地内で湧出しているという自家源泉は、ほんのり青緑がかっても見えるほぼ無色透明で、ごく僅かな塩気と重曹味、そして温泉成分から感じる薬味が感じられます。浴槽サイズに見合った掛け流し量を投入し鮮度も良好、浸かった瞬間ホッと癒されるなかなかの良さでした。
(まぐぞー・2018年3月)

▼男性浴室入口/脱衣所

 

▼男性浴室

▼湯口/湯口アップで

 

▼鍾乳石のように見事な湯口の析出物

▼女性浴室

▼湯口/溢れ出し

 

栃木県那須塩原市塩原695番地
0287323251
立ち寄り時間要問合せ
700円
訪問:2018年3月
仙人風呂 ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉 60.0℃ 80L/min(動力) pH=7.1 溶存物質計=1.47g Li=0.2mg Na=270(56.94) K=41.0 Mg=33.0 Ca=101(24.44) Fe2=0.1 Fe3=0.5 Mn=0.3 Sr=0.3 F=0.2 Cl=437(59.77) Br=0.7 I=0.4 SO4=28.3 HCO3=468(37.18) CO3=0.3 H2SiO3=221 HBO2=28.0 CO2=77.1 (H20.3.18) ※温泉利用状況=見当たらず

-栃木県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.