鳥取県

宝喜温泉館

投稿日:

「まっとうな温泉」の西日本版に掲載されていた日帰り温泉施設です。〆の身体洗いで立ち寄ってみました。受付は券売機で入浴券を購入して受付へ。

浴室にはメイン浴槽と、仕切り一つ隣に水風呂、更に二人用のジャグジー寝湯浴槽があります。今回、湯に浸かったのはメイン浴槽です。御影石造りの横並び7-8人サイズの浴槽がそれです。

石湯口から約40L/minちょいの湯投入があり弱い金気臭に薬臭を感じる。浴槽湯は無色で少しこなれた感があるもので微濁り。湯口側の反対側浴槽端よりオーバーフローがあり、しっかりと浸かった身体のぶんだけ溢れ出ます。当日の湯温は約43-44℃調整、この浴槽サイズでこの投入量があるのですから十分と言えます。

またこの他にもリハビリ浴室なるものがあって、深さのある歩行浴槽となっています。浮き輪など着用可能ですが、水飛沫などが他の利用者にかからないように、と注意書きがありました。この浴槽の脇に打たせ湯も二本ありました。このリハビリ浴槽も掛け流しですので、相当な湯量があるのでしょう。こちらは湯温約39-40℃と温めでした。

脱衣所に案内があったのですが、休館日の第三水曜日には、以前に使われていた旧館なるものがあり代替えで営業するらしいです。料金は300円とお得な設定なのもあり、どんなんだか気になる施設です。
(三昧・2018年9月)


鳥取市の中心部から少し外れた、田んぼが広がるのどかな地にある日帰り温泉施設です。やや年季の入ったビジネス系の宿にも見えますが、おそらく宿泊はやっていないものと思われます。鳥取砂丘、白兎神社と暑い中を観光した後、一日の〆の湯として訪問しました。料金は手ごろな420円ですが、シャンプー・リンス・ボディソープと置かれています。

館内には男女別に大浴場があり、女性側はメイン浴槽、寝湯、打たせ湯、そしてプールのように大きいリハビリ浴槽となっています。露天風呂はありませんが、打たせ湯とリハビリ浴槽がそのかわりのような存在になっていました。浴槽によって「やや熱め~ぬるめ」湯温に変化をつけているので、好みの浴槽で寛ぐことができます。

肝心の湯は湯口でほんのり金気と土類を感じる程度で、弱いスベスベ感はあるものの、コレといった大きな特徴はありません。ただし不思議と温まり感が強く、浴後は汗ダラダラでポカポカ感も長く持続します。各浴槽への投入量も多くなかなかの掛け流しですが、訪問時は三連休初日の夕方で既に大勢の人が使った後だったようで、すこしばかり湯なまりも起きていました。
(まぐぞー・2018年9月)

▼外観

▼温泉スタンドもありました

▼お値段高めです

撮影禁止のため浴室画像はありません

宝喜温泉館 簡易データ

鳥取県鳥取市気高町下光元690
0857-82-6010
10時30分~21時30分
第3水曜休み(祝日の場合は翌日)
420円
訪問:2018年9月

宝喜温泉館 温泉分析概要

宝喜温泉 アルカリ性単純温泉 47.0℃ pH=? 溶存物質計=0.601g Na=145.4mg K=2.7 Mg=0.6 Ca=3.7 Al=0.5 Fe2=0.2 Li=0.2 F=0.7 Cl=24.5 SO4=22.5 HCO3=342.7 H2SiO3=56.4 HBO2=0.9 (H10.11.19) ※温泉利用状況=掲示見当たらず

-鳥取県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.