鳥取県

はわい温泉 旅館水郷

投稿日:

はわい温泉で一日の〆にしようと移動していると、「日帰り温泉」となる幟を見かけて立ち寄る。秋の三連休の中日夕方、宿泊客の到着前で偶然空いていて「入浴どうぞ」との事。浴室へは帳場前の廊下を進んだ正面突き当りにある。男女浴室の間に壁に分析書の掲示あり。

脱衣して浴室ドアを開けるとモワッとした熱気を覚える。その空間に5-6人サイズの岩風呂が一つ。天井近くから塩ビ管を見事なまでに延長して浴槽底部付近まで配管を施し源泉注入をしている。浴槽湯温は約43-44℃ほど、無色透明でとろみ感を少々感じるお湯だ。東郷池対岸の東郷温泉の湯に似ているので同系の湯脈なのでしょう。源泉は池の中から湧出しそれを集中管理、はわいではどこの温泉施設でも同じお湯らしいがどうなんだろう。
(三昧・2018年9月)


東郷湖のほとりに大型旅館が点在する「はわい温泉」の一画に立つ中規模の観光旅館です。表に「日帰り温泉」ののぼりが出ていたので立ち寄ってみました。やや年季の入った建物で、気兼ねなく利用できる昔ながらの観光旅館といった印象を受けます。

館内には二か所の内湯があり、それぞれ趣が違うのでおそらくは男女入れ替え制じゃないかな?と思います。訪問時は「瓢箪風呂」が女性用となっていました。使い込まれた感のある浴室には7~8人サイズのひょうたん型浴槽がひとつあり、浴槽底までのびた管より熱い源泉が静かに投入されての掛け流しとなっています。

無色透明クスリ風味の湯は熱くなく、ぬるくなくの万人が好みそうな湯加減です。源泉温度が高いので投入量はあまり多くなく、シャワーの位置も近いので、利用状況によっては湯汚れをおこしそうですが、訪問時は利用者が少なかったのか湯の状態も良く気持ちよく湯浴みを楽しむ事ができました。
(まぐぞー・2018年9月)

▼外観/館内

▼掲示

▼掲示

▼訪問時男性用だった岩風呂

▼湯口/溢れ出し

▼訪問時女性用だった瓢箪風呂

はわい温泉 旅館水郷 簡易データ

鳥取県東伯郡湯梨浜町はわい温泉6-1
0858-35-3521(9時~22時)
10時~22時(受付21時30分)
500円
訪問:2018年9月

はわい温泉 旅館水郷 温泉分析概要

羽合温泉貯湯タンク ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 55.0℃ 1000L/min pH=7.6 Na=413.9mg(76.80mv%) K=11.6 Mg=1.1 Ca=98.8(21.03) Fe2=0.3 Li=0.7 Mn=0.1 F=4.2 Cl=585.5(70.38) SO4=234.2(20.78) HCO3=113.0 H2SiO3=84.0 HBO2=5.3 (H11.4.6) ※温泉利用状況=確認できず



スポンサーリンク



ヤマケイ文庫 おらが村

矢口高雄先生の隠れた名作、復刊版。
令和の時代にこそ読み返したい「昭和」の貴重な物語。

-鳥取県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.