鳥取県

皆生温泉 旅館浦島

投稿日:

皆生温泉観光協会から裏通りを入った場所にある温泉旅館です。立ち寄り可否不明でしたが行ってみると大丈夫でした。お泊り客が到着前で入浴中は宿を後にするまで他のお客さんに会うことはありませんでした。

お風呂は2-3人サイズの小さなタイル浴槽でとてもシンプルな造りです。白色結晶がたっぷりと付着している蛇口から皆生の源泉が適量投入されています。と同時に温度調整用の常時加水もありました。訪問時は41-42℃だったので入浴中は源泉蛇口全開(約20L/min弱)で少し熱めにして温泉を楽しみました。

無色で微濁、海臭がほんんり香ります。ダシ塩味と弱苦味、少し甘味もある複雑なお湯です。そこそこの濃度があるので浴感も十分あり、浸かりこんでしまったせいか浴後は疲労感があり参りました。皆生は初でしたが歓楽温泉地なんですね、海沿いには大型ホテル、路地裏に入ると風俗街、今回のような湯使い良い小規模旅館もありました。
(三昧・2018年9月)


温泉街のメイン通りから少し路地に入った所にある中規模旅館です。館内には男女別に内湯がひとつづつあります。それぞれ造りやサイズが違うので、その日のお客さんの男女比によって入れ替え制になるのかもしれません。

今回お邪魔した女性浴室は3人サイズの長方形浴槽がひとつあります。浴室に入った途端、温泉から発せられる温泉成分から発せられるクスリ臭とも磯臭とも感じられる臭いが充満しています。

浴槽には激熱源泉蛇口と加水蛇口があり、ほぼ同量の投入で掛け流されていました。浴槽湯はほんのりくすんだような濁りを帯びても見えるほぼ無色透明で44℃ほどの熱め、塩気とエグ味があり湯面からはホンワカと優しい温泉臭が香ります。浴槽からは常時溢れ出しがあり、その通り道は温泉成分で真っ黒に変色していました。源泉がなかなか良いので加水が少し残念ですが、これはこれでじゅうぶん楽しむことができました。
(まぐぞー・2018年9月)

▼男性浴室

▼浴槽/湯口

▼女性浴槽

▼湯口/溢れ出し

皆生温泉 旅館浦島 簡易データ

鳥取県米子市皆生温泉4-21-1
0859-33-7631
立ち寄り時間要問合せ
400円
訪問:2018年9月

皆生温泉 旅館浦島 温泉分析概要

混合貯湯槽20・22号 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 68.8℃ pH=7.2 成分総計=11.42g Na=2351mg K=48.6 Mg=50.9 Ca=17.1 Mn=0.7 Cl=6428 Br=37.3 SO4=701.5 HCO3=38.8 H2SiO3=49.9 HBO2=6.8 HAsO2=0.1 CO2=1.8 (H21.10.5) ※温泉利用状況=加水あり

【スポンサーリンク】ふくしま日帰り温泉 20周年記念号(amazon)
安定の20周年。クーポンは211枚・2020年4月24日まで有効!

【スポンサーリンク】ふるさとキャンペーン&お得クーポン(じゃらん)

-鳥取県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.