長野県

御嶽明神温泉 やまゆり荘

投稿日:

御嶽山の麓にある日帰り温泉施設です。感じから公共施設の印象を受けましたが詳しくはわかりません。木造の平屋建て、横に長い施設外観です。

受付後、脱衣所・浴室へ向かいます。内湯は少し蒸しっとする空間、タイル張り変形浴槽は15人サイズはあるでしょうか。薄く緑黄土色濁りの湯がたっぷりと浴槽を満たしています。赤茶色の析出物がたっぷりと付いた湯口、無色透明な湯を湯舟めがけて吐き出しています。周辺の湯面周りはシュワシュワした炭酸感をたっぷりと満喫できます。湯口にて口に含むと弱く甘塩味、生臭さある金気臭味、微炭酸飲料ほどの炭酸感があり、約41-42℃ほどに調整されていました。オーバーフローは浴槽端部分より排湯溝へ流れる掛け流し。但し、加水加温があるようです。

露天風呂もありました。10人ほどのタイル張り浴槽で、バックの御嶽山の眺望が素晴らしいです。お湯は内湯と同じですが湯温は1℃ほど温めに思えました。こちらも湯口周辺は炭酸感が味わえます。湯舟脇の排湯口よりオーバーフローありの掛け流し。なかなか気に入りました。
(三昧・2018年9月)


背後に御岳山がそびえる好立地にあるお宿です。立派なたてがまえからして公共の宿っぽい印象も受けます。

券売機にて料金を支払い浴室へ。脱衣所を抜けるとやや湿度のこもった浴室には15人サイズ浴槽がひとつあります。源泉温度からして加温と思われる無色透明湯を投入、浴槽で薄い黄土濁りとなり溢れています。湯使いをしっかり確認しなかったのですが、おそらくは掛け流しかと思います。この湯がなかなかで、浸かると肌に細かな気泡がビッシリ付着、状態の良い湯で感じられるちょっと生臭いような金気臭が漂い、口に含むとシュワッとした炭酸感と甘塩味を感じます。湯口の湯をケロリン桶に汲んでみると炭酸飲料のような発泡があり、加温でこれほどだから、そのまんまの源泉はさぞや凄いんだろうなぁと思いました。

続く露天風呂は7~8人サイズで、陽が当たっているためか内湯よりも鮮やかな黄土濁りにも見えました。内湯と比べ気持ちほんの少しぬるい程度で湯温はあまり変わらない印象です。こちらも炭酸感がシュワッと楽しめ、満足度は高い湯浴みを楽しめました。
(まぐぞー・2018年9月)

▼外観/御嶽山がそびえます

 

▼外観/浴場入り口

 

▼男性内湯

▼湯口/お湯

 

▼男性露天風呂

▼湯口/溢れだし

 

▼女性内湯/湯口

 

▼女性露天風呂

▼湯口/溢れだし

 

長野県木曽郡木曽町開田高原西野6321-1211
264-44-2346
10時~19時
火曜日休み(8月無休)
450円
訪問:2018年9月
御嶽明神温泉1号・2号源泉の混合泉 ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 34.5℃ pH=6.4 溶存物質計=2413g Li=0.2mg Na=349.3(50.42mv%) K=51.3 NH4=0.2 Mg=78.2(21.34) Ca=140.1(29.20) Sr=0.4 Mn=0.3 Fe2=4.2 F=0.6 Cl=187.8 Br 0.2 SO4=313.2(21.47) H2PO41130(60.97) H2SiO3=152.0 HBO2=5.0 CO2=687.7 (H27.4.14) ※※温泉利用状況=加水あり・加温あり・塩素消毒あり

-長野県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.