北海道

白樺温泉

投稿日:

帯広市内にある温泉公衆浴場の一つです。10時オープンに合わせて行ってみると駐車場からして賑わっています。なので時間をずらして出直して出かけてみました。

脱衣所から浴室を見てみると先客数人でオープンラッシュも落ち着いていました。建物や脱衣所、浴室の雰囲気からして青森の温泉公衆浴場のような感じもしないでもありません。浴室中央右手には数多くの洗い場コーナーが、その奥手前からジャグジー風呂、サウナ用水風呂、サウナの順に配置。浴室中央左手前から岩風呂、タイル浴槽、更に洗い場コーナーが設置されていました。最初に洗い場で身体を洗おうとカランを操作すると出てきたお湯のニュルニュル具合に驚きました。これは期待できる、と確信して浴槽へ。

4‐5人サイズのタイル張り浴槽で、浴槽内一部分は深さ浅めゾーンと腰掛ゾーンになっています。少し高めなポジションにある湯口より、源泉そのままと思われるお湯が35-40L/minほど投入されて浴槽縁から結構な量がオーバーフローしています。お湯は黄色づいた透明なもので、中から強レベルのニュルニュルとした浴感が特徴的です。身体には細かな気泡がまとわりついて来て、手で擦るとニュルンにゅるんと滑らかです。湯上り後はポカポカ感が長続きするので夏場は汗が止まりません。なかなかの温泉で気に入りました。
(三昧・2018年8月)


昔ながらの公衆浴場で、オープンな広い脱衣所の向こうに、これまた広い浴室があります。カランのズラリと並んだ浴室には、10人サイズのタイル浴槽と4~5人サイズの岩風呂があり、この二つがメイン浴槽となっています。その他にジャグジー槽やサウナ用水風呂といった構成になります。

まずはタイル浴槽ですが、湯口よりやや熱めの源泉を投入、浴槽内で薄っすらと黄色味を帯びた透明の適温湯が掛け流しとなっています。この湯がローションのようにニュルニュルツルツルとした湯で、肌をさすると何とも心地よいです。掛け流し量も豊富であまりの心地よさについつい長湯をしてしまいました。

もうひとつのメイン浴槽「岩風呂」ですが、こちらもタイル槽と同じ黄色がかった透明のニュルニュルツルツル湯を掛け流しています。タイル浴槽よりもやや湯量を減らして若干ぬるめにしているようですが、こちらも浴槽サイズにして投入量は十分あり、満足のゆく掛け流しとなっています。

シャワーやカランも温泉利用で、体を洗ってもニュルツルです。浴後はあたたまり感が強く、いつまでも汗が引きませんでした。
(2018年・まぐぞー)

浴室撮影禁止のため浴室画像はありません。
北海道帯広市白樺16条西12丁目6
0155362821
10時~23時
1月2日・3日休み
440円
訪問:2018年8月
白樺温泉 アルカリ性単純温泉 44.9℃ 116L/min(動力) pH=9.3 溶存物質計=0.728g Na=241.5mg(99.03mv%) K=2.0 Mg=0.2 Ca=0.7 F=2.0 Cl=235.3(60.46) OH=0.3 HS=0.4 SO4=0.9 HCO3=119.5 CO3=49.2 BO2=25.2 (H20.10.22) ※温泉利用状況=掲示見当たらず

クーポン・手形のついた温泉本

▼手形11月15日~12月15日
温泉博士 2018年 12 月号 [雑誌]

▼クーポン2019年末まで
ぐんまの源泉[日帰り入浴]パスポート 2018-2019版

-北海道

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.