北海道

天然温泉 たぬきの里

投稿日:

 


こちらも帯広市内にある温泉公衆浴場の一つです。今回は通常の大浴場が目的ではなく、家族湯目当てで訪問してみました。なので大浴場は利用していないのでわかりません。家族湯のみの感想になります。

入浴券を購入して受付時に指定される二階にある家族湯に向かいます。因みに事前予約は受けていないそうなので、訪れた時に空いている部屋となるようです。部屋に入り鍵をかけて利用します。少し古びた部屋と浴室の印象を受けます。脱衣所は少しムシムシとしており苦手な感じ。

浴室には2人サイズのタイル造り浴槽があります。浴槽縁の切込みより湯がザーザーとオーバーフローしています。市内の黄色系と茶褐色系の温泉を半分ずつブレンドしたような黄褐色の透明湯がなみなみと浴槽を満たしています。浴槽湯面では白っぽくなっている部分があって、そこでは細かな気泡が踊るように弾けているようにも見えます。中程度のニュルニュル浴感、弱くタマゴ臭あり。湯使い何の項目にも該当しない掛け流しです。しかし難点が一つあります。浴室と脱衣所が熱気でムシムシな為、浴後の火照りが半端ではなく汗が全くひかないことです。これには参りました。
(三昧・2018年8月)


やや年季の入ったビルタイプの日帰り温泉施設です。北海道ではあまり見かけない(と思う)家族湯も数部屋あり、比較的手ごろな値段で利用できます。今回利用したのは「こだぬき2」で、小さな洗面台と長椅子、扇風機だけがある簡素な脱衣所の先に浴室があります。浴室もこぢんまりとしていて、2人サイズのタイル浴槽がひとつあります。

湯口から薄いモール臭とタマゴ臭の香るほんのり黄色赤茶がかった透明湯が、熱くなくぬるくなくの絶妙湯加減で掛け流されています。そっと浸かると全身が細かな気泡に包まれ、フンワリとしたニュルスベ感が楽しめます。一番良かったのが浴槽サイズにして投入量が多く、常時溢れ出しはもちろんのこと人が浸かると滝のように湯が溢れ、洗い場が一瞬にして湯没状態になる事。当然のように鮮度抜群で「この風呂が家にあれば最高なのになー」なんて思いながら湯浴みをしました。

難点としては閉鎖的な家族湯という空間なため、真夏の訪問ではとにかく蒸し風呂状態なことです。脱衣所も含めた空間そのものが蒸し蒸し状態なので、拭いても拭いても汗が止まらず、全身びしょぴょのまま部屋を飛び出しました。
(まぐぞー・2018年8月)

▼外観

▼館内/家族湯脱衣所

 

▼利用した家族湯

▼浸かった様子

▼湯口/溢れ出し

 

北海道帯広市西5条南15丁目11-3
0155212683
12時~24時閉館(23時30分以降は入館不可)
大浴場440円
家族湯ひとり600円(1時間)
訪問:2018年8月
天然温泉たぬきの里 アルカリ性単純温泉 42.7℃ 500((聴取L/min(自噴)) 溶存物質計=0.405g Na=108.4mg(96.72mv%) K=108.4(96.72) K=1.8 NH4=0.9 Ca=1.2 F=0.4 Cl=42.0(23.74) OH=0.1 HPO4=0.6 SO4=5.2 HCO3=162.3(53.52) CO3=29.5 H2SiO3=49.2 HBO2=3.3 (H16.9.22) ※温泉利用状況=全ての項目において該当なし

クーポン・手形のついた温泉本

▼手形11月15日~12月15日
温泉博士 2018年 12 月号 [雑誌]

▼クーポン2019年末まで
ぐんまの源泉[日帰り入浴]パスポート 2018-2019版

-北海道

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.