木崎野温泉

投稿日:2012年11月15日 更新日:

三沢市内にある温泉銭湯です。温泉銭湯としては規模が大きな建物の造りとなっています。入口先にある券売機にて利用券を販売中。受付周辺のロビーはステンドグラスがあり、ちょっと洋館チックな雰囲気もありなんか妙です。

浴室は男女別にタイル内湯が一つあって、20人ほどが入れそうな広さです。ナイアガラ滝と同じような壁伝いに源泉が上から下へと落とし込まれています。それとは別の源泉湯口からは約50L/minのドンドコ投入で、浴槽縁よりこれもまた溢れ出しが大量、湯は新鮮なものです。掲示表では無色透明とありますが、やや黄色がかっているようにも見えました。木崎野温泉の良いのは、なんといっても入浴感にあります。肌触りが良いヌルすべ浴感が気持ちいいです。他にも三沢市内の温泉浴場にいくつか浸かりましたが、同様のヌルすべ感がありました。今回は夜間に訪問でしたので、次回は昼間の明るい時分で観察したいと思います。
(三昧・2005年7月)


 

三沢市内の温泉銭湯です。すっかり真っ暗になった中を訪問したので外観の様子はイマイチわかりませんが、受付まわりは大変広々。天井が高く、ステンドグラス風アーチ型の窓があったりと、まるでレトロな駅舎のようです。

男女別浴室は「青森の温泉銭湯」そのまんま。脱衣所を抜けると目の前にカランスペース、その横に掛け湯槽、サウナ用水風呂、サウナと並びます。肝心のメイン浴槽は一番奥にあり、ドーンと20人位入られそうな長方形。向って右側に「源泉」と記された湯口があり、その反対側にはナイアガラの滝みたく湯が流し込まれるオブジェがあります。やや黄色がかった湯は適温、浴槽底に藻のような湯花が沈殿するもので、ヌルヌルとした浴感がなんとも気持ち良いのです。浴槽内には弱い吸込み口作動、その他にジャグジーとジェットも設置されているようでしたが訪問時は動いていませんでした。

カランも温泉使用でヌルヌルとした湯が出て来ます。シャワーは温泉銭湯定番の固定タイプ。お湯がヌルヌルなので、浴槽内も洗い場も滑りやすい。この他2本の打たせ湯も有り。まったく前知識を持たず、地図で名前を見て立寄った温泉でしたが、なかなか良かったなぁー。
(まぐぞー・2005年7月)

▼男性メイン浴槽

 

木崎野温泉 データ

青森県三沢市東町3-6-2
Googleマップでみる
0176-53-8700
5時~22時
250円→330円
訪問:2005年7月

東町温泉 アルカリ性単純温泉 43.0℃(他は詳細不明)

Google・青森




地域別入湯ボタン

-青森県の温泉
-

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.