太郎温泉

投稿日:2012年11月14日 更新日:

太郎温泉 2005年7月

三沢市にある温泉旅館の太郎温泉です。館内は宿泊も可能な温泉銭湯といった方がいい、という雰囲気も漂います。夕方に訪問したのでお客さんで賑わい中。広い脱衣所に広い浴室で、お風呂は内湯浴槽が2つあります。それぞれに「ぬるめ」「あつめ」の表示がありますが、ほとんど温度に変わりは無かったです。片方はジャグジーがブクブク。湯は無色透明、薄塩味に無臭の42℃の湯が掛け流しです。カランからも温泉が出てくるのはお決まりの事。ほとんどのお客さんは湯に浸かりながら、脱衣所にあるテレビを観戦している。テレビでは当然にNHKの大相撲が中継。温泉県と同時に相撲天国でもある青森県なのだ。青森出身の関取が多い影響なんでしょうかね。
(三昧・2005年7月)


 

三沢を車で走行中「太郎温泉」なる看板を見つけた。「太郎なんておもしろい、立寄ってみよう」と、早速行ってみた。「ほー、ここが太郎温泉か」と頷きながら浴室へ入った。浴室へ入った途端「あれ?ココ前ニ来タ事アルヨーッ」と、ようやく思い出した。最近、こんな事ばっかりだ。

佇まい、内装は以前のままと思います。が、お湯の印象が少し違いました。無色透明、少しばかりスベキシ感があり、以前感じたトロミがありません。微塩味のあたたまり湯で、浴後は少しベタ付く感じ。前回、ふたつの浴槽に温度差がありましたが、今回は殆どありませんでした。まぁ、この辺は加水の加減によって違うのかな?シャワーも温泉利用。豪快な打たせ有り。トド多し。
(まぐぞー・2005年7月)

▼太郎温泉外観

 

太郎温泉 2003年9月

青森によくある温泉銭湯。浴室の中央に浴槽があり、真ん中で仕切られ片方が20人程入られるジャグジーブクブク。もう片方が10人弱の普通浴。中央の湯口から投入される湯はやや熱め。ジャグジー浴槽はやや温め、ジャグジー無しの方は熱湯でした。その他にホースより湯が投入され、温湯の方はさらにホースにより水が入れられています。無色透明の湯はトロミがあり、黒いツブ状の湯花?が舞っています。口に含むと僅かな塩味。脱衣所近くには温めの上がり湯も有り。ここの桶がちょっと変わっていて、普通のケロリン桶よりひと回り大きい。まるで洗濯でもする桶のよう。どうやら宿泊もできる??
(まぐぞー・2003年9月)

▼浴室入口

太郎温泉 データ

青森県三沢市深谷2-49-2
Googleマップでみる
0176-53-4649
5時6時~23時
250円→280円
訪問:2003年9月・2005年7月

太郎温泉 温泉分析概要

太郎温泉2号泉 ナトリウム-塩化物泉 45.2℃ pH=7.6 成分総計=2237mg Na=725.9mg(91.35mv%) K=39.9 NH4=0.2 Mg=4.0 Ca=32.7 Fe2+Fe3=0.1 F=0.9 Cl=1092(88.05) Br=2.9 I=0.2 SO4=107.2 HPO4=0.7 HCO3=76.3 CO3=8.0 H2SiO3=120.0 HBO2=16.5 (H元.1.25)

Google・青森




地域別入湯ボタン

-青森県の温泉
-

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.