夫婦で巡った温泉を、ただ、ただ、アップする地味ブログ。

はしご湯別館・温泉棟

別府市 大分県

湯の川温泉

投稿日:2019年12月31日 更新日:

本来ならば組合員専用ですが、温泉まつり期間中に協賛されて一般開放して頂いた湯の川温泉共同浴場です。見るからに古い印象を受ける浴舎ですが、周りには祭りの提灯と幟で賑やかになっていました。玄関横には「午前10時から午后3時。ごゆっくりのんびりと入浴下さい。洗面器は自由に使って下さい。」と掲げられていました。なんとまあ、有難い言葉なのでしょうか。当浴場の世話人様の素晴らしい人柄が想像できます。

では、早速入浴させていただきます。脱衣していると浴室から先客様が上がられてきました。偶然にも入れ替わりで自分一人だけの入浴になりました。2人サイズの古めかしい水色タイル浴槽が一つあります。溜め湯状態になっているので、入浴時に利用者は温泉バルブと加水バルブを操作して適温にして湯浴みします。無色透明ポカポカ感が持続するお湯です。温度は約43℃ほどに調整されていたのでゆっくり楽しめました。貴重な浴場を開放して頂いてありがとうございました。
(三昧・2019年4月)


九州横断道路から少しばかり路地に入った川沿いに位置する「湯の川温泉」です。亀正くるくる寿司の裏の川沿いあたりを歩けば見つかると思います。鉄輪温泉街から徒歩でも近い場所にあり、過去何度か目の前を通りつつも組合員専用浴舎だったため、その風情ある浴舎を羨ましく眺めるばかりでした。そして今回ようやく「温泉まつりの一般開放」にて入浴が叶いました。

浴舎内はこぢんまりながら男女別となっていて、女性側には1~2人サイズの四角い浴槽がひとつありました。訪問時は先客さんが源泉バルブ大全開のまま退館されたようで、小さな浴槽からは怒涛のような溢れ出し、そしてビックリする激熱となっていました。たまたま同時に入られた方と湯もみ&加水にてなんとか入られる湯温に調整。湯は一点の曇りもない綺麗に澄んだ無色透明でこれまで馴染みのある「まったりと優しい」鉄輪の湯よりスッキリとした印象を受けます。浸かった時点でギリリと歯をくいしばる熱湯でしたが、そのぶん鮮度抜群で楽しむ事ができました。
(まぐぞー・2019年4月)

▼湯の川温泉外観

▼入り口

▼掲示

▼湯の川温泉男性浴室

▼男性浴槽

▼湯口

▼掲示

▼女性浴室

湯の川温泉 簡易データ

大分県別府市鉄輪東
外来不可(組合員専用)
別府八湯温泉まつり一般開放時に入浴
訪問:2019年4月

-別府市, 大分県
-

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.