別府市の温泉 大分県の温泉

観海寺温泉 いちのいで会館 2018年10月

更新日:

いちのいで会館は2018年10月訪問時に浴場撮影禁止となっていました。今回は許可を得て撮影させていただきました。

いちのいで会館は現在食事休止・温泉のみ700円で営業しているようです。

前回訪問時はじめて見た「いちのいで会館」の青白いキレイなお湯に感動しました。2018年10月に久しぶりに訪れる機会に恵まれました。以前と同じ食事と入浴がセットになっているスタイルでしたが料金が1500円に改定されています。更にいちのいで会館公式HPによると、現在(2021年8月時点)では新型コロナ対策により食事提供は行わず温泉入浴のみ(700円)の営業となっているようです。

当日は平日だったので営業は11時から(土日祝は10時)開始直後の訪問でした。当日の男湯は「景観の湯」、前回は「金鉱の湯」でしたので異なる趣のお風呂で良かったです。

景観の湯にはゴツゴツとした露天岩風呂が二つあり、どちらの浴槽も6-7人ほどの広さがあります。片方は無色透明の湯が、もう一方の浴槽は薄っすらと青っぽくなっています。高温の源泉を少量投入し、最初は無色透明ですが次第にこれが青い湯に変わっていくのでしょう。せっかくなので青い方にたっぷりと浸かりました。薄っすらと青白い湯は薄塩味に弱ツルツル感があります。この二つの露天風呂の他にも以前はプールのように大きな浴槽も使われていたようですが、訪問時は未使用でした。「いちのいで会館」といえば青い湯と見事な景観なので、お目にかかっていない方はぜひ一度訪れてみてください。食事に関していうと料金改定に見合った内容かは「うーん、どうかなぁ」でした。(個人の感想です)
(三昧・2018年10月)


 

眼下に広がる別府湾の爽快な眺めと、青い湯が楽しめるひろーーい露天風呂で有名な「いちのいで会館」に数年ぶりに再訪しました。いちのいで会館は仕出し屋さんが経営する日帰り温泉施設で、ランチとお風呂のセットでのみ入浴できるシステムです。

以前は山の斜面にある金鉱跡地から温泉蒸気噴き出す「金鉱の湯」と、別府湾まで連なる街の眺めがバーンと広がる「景観の湯」というまったく違った趣の露天風呂を男女入れ替え制で開放していましたが、いつごろか金鉱の湯が利用休止となり、そのかわり景観の湯の上部に位置している「家族風呂」を開放していました。この日は「景観の湯」が男性用で、「家族風呂」が女性用となっていました。

家族風呂は三つ浴室があり、それぞれ扉を開けると露天風呂になっていますが、三つのうち一番奥は湯が止められていて訪問時は使用されていませんでした。今回使用できたのは「豊後灘の湯」と「天地人の湯」です。

最初に向かったのは真ん中の「天地人の湯」です。脱衣スペースを抜けると楕円形の石風呂がひとつあり、目の前には景観の湯と同じ別府湾の爽快な眺めがバーンと広がっています。「この景色を眺めながら湯浴みなんてサイコー」と早速掛け湯をすると、ビックリするくらいの高温!湯口より激熱源泉がチョロチョロ投入で油断したんですが、浴槽温度はかなりの熱湯になっていました。湯色は無色透明でサラッとサッパリとした浴感です。ただ浴槽内はかなりの熱湯なのでぐっと歯をくいしばって浸かるしかなく、景色を眺めながらのんびり湯に浸かることができません。サッと浸かって、すぐにお隣の「豊後灘の湯」へ移動しました。

「豊後灘の湯」は2~3人サイズの四角い浴槽がひとつあり、湯口から熱い湯がごく少量チョロチョロと投入され(ここも熱いのかな)と警戒したのですが、こちらは逆にかなりぬるめとなっていました。サラッとした湯は紺色がかったとても綺麗な湯色で、思わずうっとり見入ってしまうほどです。「豊後灘の湯」からも別府湾の眺めが見え、のんびり湯浴みするのに丁度いい湯温で満足。しばらくするともうひとりお客さんがいらしたのですが、やっぱり先に「天地人の湯」に行ったけど熱すぎてこっちに来たと仰ってました。
(まぐぞー・2018年10月)

▼いちのいで会館 外観

▼金鉱の湯と景観の湯の分岐

▼景観の湯は手前の二槽の岩風呂だけ使われていました

▼片方は無色透明

▼もう片方は鮮やかな青色です

▼湯口

▼眺めが良いです

▼家族風呂は全部で三つ

▼豊後灘の湯

▼綺麗な湯色です

▼浴槽から

▼天地人の湯は激熱でした

▼別府湾の湯は使われていませんでした

▼食事はこちらで

▼だんご汁定食

▼割りばし

観海寺温泉 いちのいで会館 2004年4月・2005年3月

観海寺温泉 いちのいで会館 データ

大分県別府市上原14-2
Googleマップでみる
0977-21-4728
景観の湯/偶数日男湯/奇数日女湯
11時(土日祝10時)~17時(オーダーストップ16時)
1050円1300円→1500円(食事込み)
※2021年8月現在食事休止・温泉のみ700円で営業中
訪問:2004年4月・2005年3月・2018年10月

観海寺温泉 いちのいで会館 温泉分析

ナトリウム-塩化物泉 100.0℃ pH=8.3 溶存物質計=3.303g Li=7.7mg Na=880.5(82.38mv%) K=130.5 NH4=0.7 Mg=2.1 Ca=70.0 Sr=0.3 Mn=0.2 Al=0.2 F=1.3 Cl=1493(85.49) Br=4.1 SO4=248.9 HCO3=30.5 CO3=40.5 (H23.4.26) ※温泉利用状況=掲示見当たらず

以前の分析

ナトリウム-塩化物泉 101.8℃ pH=8.4 自噴掘削300m 溶存物質計=2826mg Li=6.9mg Na=753.0(87.80mv%) K=76.0 Mg=0.6 Ca=31.2 Al=0.1 F=2.2 Cl=1190(86.36) Br=3.9 SO4=181.0 HCO3=24.2 CO3=28.9 HAsO2=1.9 HBO2=57.7 H2SiO3=468.0 CO2=0.2 (H3.11.29)

ソラシド・大分

-別府市の温泉, 大分県の温泉

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.