長崎県

雲仙温泉 丸登屋旅館

投稿日:

小地獄の湯を引き湯している小規模な温泉旅館です。声を掛けると女将さんが感じよく受け付けていただけました。

脱衣して浴室へ。2-3人サイズの小ぢんまりした水色タイル浴槽が一つのシンプルな造りです。宿の規模からすると十分です。湯張りされているのは薄っすらと白濁したものです。掛け湯して慣らしてから湯に浸かります。約42-43℃の湯温、身体を沈めると湯が攪拌されて白濁が少し増したようにも思えます。お湯は薄白濁、弱噴気臭がします。薄い浴感で硫化水素泉ですが、あっさりとしているので人によっては物足りなく感じるかもしれません。
(三昧・2018年10月)


雲仙温泉街のメイン通りから少しだけ坂を下った場所にある温泉宿です。こぢんまりとした年季の入った温泉宿で、ビジネスや湯治宿といった雰囲気があります。すぐ隣には人気の温泉施設、小地獄温泉館がありました。玄関前のボードに日帰り300円の案内があったので立ち寄ってみました。玄関に入り立ち寄りを伺うとOKとのこと。

館内には男女別に内湯がひとつづつあります。女性側はこぢんまりとした浴室に3人サイズ浴槽がひとつありました。使い込まれた感のあるタイル浴槽に、筒湯口より熱め源泉がビューッと投入されています。湯はほんのり灰色がかっても見える白濁で、浸かってみると、随分アッサリとした浴感でした。つるつるとした湯は、一口含んでみるとごくわずかな酸味を感じます。利用源泉名がお隣の温泉施設と一緒なので、もしかすると同じ源泉を使っているのかもしれません。
(まぐぞー・2018年10月)

▼掲示

▼男性浴室

▼湯口

▼溢れ出し

▼女性浴室

▼女性浴槽

▼湯口

▼溢れ出し

雲仙温泉 丸登屋旅館 簡易データ

長崎県雲仙市小浜町雲仙467
0957-73-3457
10時~16時
300円
訪問:2018年10月

雲仙温泉 丸登屋旅館 温泉分析概要

雲仙温泉(小地獄)単純硫黄温泉(硫化水素型) 63.5℃ pH=3.8 溶存物質計=0.184g H=0.1mg Na=6.8(21.75mv%) K=2.5 NH4=4.2 Mg=2.3 Ca=7.1(26.05) Al=0.8 Fe2+Fe3=1.0 Cl=4.4 SO4=72.1(90.38) S2O3=2.0 H2SiO3=80.5 CO2=238.5 H2S=3.5 (H21.10.29) ※温泉利用状況=見当たらず

-長崎県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.