長崎県

小浜温泉 脇浜温泉浴場 おたっしゃん湯

投稿日:

小浜温泉にある外湯の一つです。九州温泉道の対象施設のようで、番台のおばちゃんが「福岡からのお客さんが多い」と言っていた。駐車場もあるので車で乗り付け可能。

外観は昔ながらの建物で、受付は入浴券を券売機で購入するシステムです。脱衣所からして鄙びた昔ながらの造りで、ここまでの浴場は最近は見てなかったなぁ、と思うほどです。

ガラス扉の向こうには浴室があり、なんとも渋い光景が目に入ってきます。換気良好な浴室空間、中央部分には古びた浴槽があります。タイルとモルタルを用いた造りで、仕切り一つで分かれた二つの浴槽が横並びであります。

二つの浴槽の仕切り上には、バルブから高温源泉が、水道蛇口からは湯温調整用の水が混ざりあった湯が両浴槽へ流れ込んでいます。湯温は約42℃と43℃であまり大きな温度差はありませんが、当然ですが塩加減に差がありました。お湯は無色で薄っすらと白っぽくも見えます。湯面からはわずかに温泉臭も漂っていました。短時間の入浴でしたが、湯上り後はポカポカです。当浴場、いつまでもこの姿とスタイルでの営業であり続けて欲しいと思いました。
(三昧・2018年10月)


小浜温泉の細い路地裏にある昔ながらの銭湯浴場です。たいていの共同浴場は朝風呂ラッシュもひと段落する平日10時頃の訪問ですが、この浴場(特に男湯)は元気なご高齢の方々で賑わっていました。券売機はありますが基本は昔ながらの番台形式で、受付に券を渡し中へ入ります。番台では湯上りのお客さんと番台さんが談笑する「普段着の温泉」そのものの光景がありました。

脱衣所へ入り「おっ」とびっくり。そこには数字が大きく書かれた昔ながらの木製のロッカーがあり、長年引き継がれた年代物の掲示物も残っています。

浴室は外光がさしこみとても明るい雰囲気です。浴室中央には6人サイズ+6人サイズのふたつに仕切られた長方形浴槽があり、中央の湯口より激熱源泉をジャボジャボ投入、同時に蛇口よりほぼ同量の加水もされています。湯は洗い場寄りの浴槽にほとんどが流れるようになっていて、そちら側の方はやや熱めより適温、もう片方はぬるめとなっていました。ごくごくわずかに濁りのあるようにも見える無色透明湯はスベスベとした肌触りがあり、湯面からは優しい温泉臭が香ります。湯口にコップが置いてあったので源泉を飲んでみたところ、ダシ塩の美味しい湯で、これで炊き込みご飯を炊いたら美味しそうでした。

風情ある浴室には裸電球ひとつがぶら下がり、夜はどんなんだろう?と想像しました。またひとつ、お気に入りの浴場が増えました。
(まぐぞー・2018年10月)

▼外観/券売機

▼昔の温泉分析書

▼浴客心得

▼効能など

▼男性浴室

▼浴槽から

▼女性脱衣所

▼脱衣箱

▼女性浴室

▼湯口

小浜温泉 脇浜温泉浴場 おたっしゃん湯 簡易データ

長崎県雲仙市小浜町南本町7
0957-74-3402
6時~21時
150円
訪問:2018年10月

新しい温泉分析書掲示みつけられず

-長崎県
-

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.