熊本県

華まき温泉

投稿日:

華まき温泉 2018年10月

確認してみたく再訪してみました。10年以上前に一度きていますね。すっかりとどんな場所にあるのか、どんなお湯だったか記憶から遠のいていたので再訪できて良かったです。

今回も家族湯ではなく男女別浴室を利用です。浴槽は横長の長方形、6人サイズです。湯舟前面部分よりオーバーフローが確認できます。湯口からは約18L/minあまりの加温源泉を浴槽投入しています。鼻を近づけると弱タマゴ、弱金気、重曹臭味を感じます。湯にじっと浸かっていると身体には細かな気泡が付着、それを拭い擦るとスベスベニュルニュル浴感が楽しめました。管理人の女将さんと「どちらからいらした?」などのなんてことない会話をする。しかしながら全国各地からお客さんが来てくれて、とても嬉しそうな女将さんでした。
(三昧・2018年10月)


たんぼの中にポツンと立つ日帰り温泉施設です。平屋建ての素朴な造りで、受付の隣に男女別浴室、その横に何部屋かの家族湯が並んでいます。今回十数年ぶの再訪となりました。朝10時オープンということでその時間にあわせて訪問してみると、すでに数台車が停まっています。聞くと早くから来る人がいて、湯が溜まり次第入ってもらってるんだそうです。ただし毎朝湯張りをするので、どうしても溜まるのは9時半頃になるのだそう。

女性浴室には窓に沿って6~7人サイズの長方形浴槽がひとつあり、無色透明の湯が静かに掛け流されています。湯浴み前に体をシャワーで洗ったところ、お湯がニュルスベです。どうやらシャワーも温泉利用のようでした。

浴槽湯はさすが湯張り直後とあって、みるからに鮮度の良さがわかります。そっと浸かるとややぬるめ寄りの適温で、ジッと浸かっていると肌にビッシリと細かな泡付きがあり、その効果もあってかとてもニュルンツルンとした肌触りします。ここの泡付きはサイダーのようなプチプチではなく、もっときめの細かな包み込むような柔らかなもので、本当に心地いいんです。湯口ではほんのりと重曹の甘味とタマゴ臭を感じます。浴後はサッパリ感があり、肌がサラッとします。前回訪問時も気に入った湯でしたが、相変わらずの良い湯を楽しませていただきました。
(まぐぞー・2018年10月)

▼外観

▼源泉垂れ流し

▼これだけで興奮しますね

▼浴室入口

▼男性浴室

▼浴槽

▼女性浴室

▼浴槽

▼湯口

▼湯上りのいっぽん

▼お漬物とお茶をいただきました

華まき温泉 2005年12月

人吉郊外に新鮮な湯が楽しめる施設があるとの事で調べて行ってみました。田園?のなかに建つちょっとした日帰り温泉といった印象。お風呂はもちろん、食堂・家族湯も併設しています。

お風呂は男女の内湯がそれぞれ一つ、1.8×3mの石板張りの浴槽です。浴槽縁や浴槽から溢れ出す湯の通り道は、見事に茶色系に変色しています。そこに満たされるお湯は無色透明、弱金気に重曹味のするものです。そーっと静かに湯に浸かります。と同時に大量の泡が体にまとわり付いてきて凄い事になっています。中央湯口からは加熱された源泉が約30L/minほど浴槽へ投入されています。湯口では42℃、浴槽内は39-40℃ほどの温めなのでたっぷりと長湯してしまいました。体に付着したアワを一気に拭い取るのが、楽しくて楽しくて。はたして、このアワは一体何なのか、、、。CO2の数値が掲示されていなかったのですが、知りたいところです。評判通りの新鮮湯である。
(三昧・2005年12月)


人吉でもマニアさんに人気の高い「華まき温泉」を訪問しました。ガラ~ンとした長閑な地に建つ温泉施設です。駐車場ではセキセイインコもお出迎え。「華まき温泉」には男女別浴場の他、家族湯、ちょっとした軽食処も完備されています。家族湯も見学させていただいたのですが、畳敷き休憩スペースもありナカナカの造り。けれど、お金の無い私達は男女別浴室を利用。訪問日は平日とあってか、お客さんは誰もいませんでした。

女性浴室は窓が広く明るい雰囲気。6人サイズの石造り浴槽ひとつのみというシンプルさです。温泉成分で焦げ茶に染まった浴槽には、無色透明の湯が静かに掛け流されています。口に含むと甘金気味。そっと湯に浸かると、人肌より少ーし温かい程度の「ぬる湯」に加え、泡付きが凄いです。細かな気泡がビッシリと、ぬぐってもぬぐっても付着します。泡効果もあってか、とてもスルスルとした心地よい肌触り。長湯でジックリ、思わずウトウトしてしまう湯。外の陽射しが明るく広がる浴室で、湯もキラキラと輝き、なんとも言えぬ至福のひとときを過ごす事ができました。

浴後は軽食処で牛乳を購入。牛乳をグビグビしながら寛いでいると、奥さんがお茶と漬物をそっと出してくださいました。嬉しい心遣い、感謝、感謝です。漬物、とても美味しいかった~。
(まぐぞー・2005年12月)

▼華まき温泉外観

▼掲示

▼源泉かけ流しです

▼屋外では源泉が垂れ流しになっていました

▼男性浴室

▼湯口

▼細かな泡がビッシリ

▼湯中にも無数の細かな泡

▼溢れ出し

▼女性浴室

▼湯口

華まき温泉 簡易データ

熊本県人吉市下原田町嵯峨里1518
0966-22-6981
10時~22時
300円→400円
訪問:2005年12月・2018年10月

華まき温泉 温泉分析概要

華まき温泉 ナトリウム-炭酸水素塩泉 pH=8.2 溶存物質計=1787mg Li=0.5mg Na=494.9(95.90mv%) K=4.7 Mg=2.7 Ca=10.1 Sr=0.4 F=8.4 Cl=92.4 Br=0.3 HS=0.2 SO4=153.9 NO3=0.1 HCO3=964.2(71.66) H2SiO3=36.1 HBO2=17.6 (H29.11.28) ※温泉利用状況=加温あり、清掃時に次亜塩素酸ナトリウムで週二回消毒あり

【以前の分析】ナトリウム-炭酸水素塩泉 34.9℃ pH=8.5 260L/min 溶存物質計=1916mg Na=552.6mg(98.12mv%) K=5.3 Mg=0.9 Ca=4.3 Cl=129.8 HS=0.7 SO4=229.6(19.62) HCO3=931.9(62.68) CO3=12.0 H2SiO3=32.4 HBO2=11.3(H2.12.28)※加水なし・加温あり・入浴剤の使用なし・浴槽水の塩素消毒なし

-熊本県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.