インド

【インドの温泉】マニカラン(Manikaran) シーク教寺院グルドワラ・男性内湯

投稿日:2020年10月15日 更新日:

マニカランのシーク教寺院「グルドワラ」には男性内湯×1、女性内湯×2、百人サイズ大露天風呂×1、岩盤浴×1の計五つ温泉浴室があります。シーク教には「全ては平等」の教えがあり、カースト、宗教、性別、貧富の差問わず誰もが無料で自由に利用できます。

 

シーク教寺院であるグルドワラには内湯と露天風呂、岩盤浴など数か所温泉浴場がある。それぞれが別箇所にあるので一度に両方をはしご湯するには服を着て移動しなくてはならない。ありがたいことにどちらの浴場も、宗教問わず無料で自由に利用することができる。

温泉街側にある男女別内湯に入ってみた。昼間に訪問したが照明がついておらず薄暗い中での入浴となった。浴槽は広く約40-50人は浸かる事ができるほどで、ちょっとしたプールのようだ。男性浴室の隣にはふたまわりほど小さな女性浴室もある。

浴槽は自身の胸のあたりまでの深さがあるので、必然的に立って浸かる。また、浴槽近くは階段のような段差があるのでそこでは腰かけての入浴もできる。最初に体を洗い、次にたっぷりと掛け湯して湯に足をいれていく。

湯の表面だけが熱いだけで湯中は約43-44℃ほどか。広い浴槽でしかも深いので移動もままならない。湯投入は湯面と水平方向に鉄管より火傷しそうなほどの高温湯を投入、加水も併設の鉄管よりジャバジャバと行われている。お湯は薄っすらと緑がかったように見える透明湯、味不明で弱温泉臭がする。浴槽の中を歩くといわゆる歩行浴状態になるのでこれも何気に楽しかった。

ここには体洗い用の手桶を自前で持って行ったが「自分のものは皆のもの」のインドでは、横に並ぶ入浴者が次々とバケツリレーのように手桶を使い、一番端の人が使い終わると真新しい源泉が満たされて再び自分の元へ戻って来た。
(三昧・2019年6月)

▼グルドワラに面した路地は大賑わい

▼寺院入口はコチラ

▼廊下をどんどん進みます

▼男性脱衣所(見学のみ・浴槽を背景にセルフィする観光客も多く混雑しています)

▼男性浴槽

▼別の角度から

▼湯口

▼撮ってもらいました

マニカラン(Manikaran) シーク教寺院グルドワラ・男性内湯 簡易データ

ヒマーチャルプラデーシュ州マニカラン
Googleマップでみる
無料(寺院へ寄付お願いします)
訪問:2019年6月

-インド
-

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.