北海道

斜里温泉 湯元館

投稿日:2020年10月28日 更新日:

斜里温泉に複数営業している宿泊施設の一つ「湯元館」です。近くまで来ると宿泊施設共通の看板に「温泉マニアの湯元館」と掲げられていました。たくさんの温泉マニアに支持を受けているのでしょうか。

到着して駐車所に車を駐車、そして道路反対側の平屋建ての宿建物に向かいました。若い従業員の方が出ていらして受付します。男女別内湯と貸切風呂があるというので、今回は貸切風呂を選択して男女別内湯は見学のみさせていただきました。

貸切風呂は30分で1200円という時間的に忙しい設定です。受付して急いで入浴の準備、そして浴室の撮影して湯浴みへの流れです。貸切風呂は独立した専用の浴室の中央に7‐8人サイズ円形岩風呂、部屋の端には3人用の寝湯、そして洗い場シャワーがあるという造りです。これを時間内貸切できます。

薄茶褐色の透明湯が湯舟を満たしており、排湯口へ流れ出るオーバーフローも確認できます。湯はモール泉そのものですが、想像していたものより臭いが少し弱く感じました。しかし、浴感は中から強程度の特徴的なニュルニュル感がありこれは充分に楽しむことが出来ました。次回は男女別浴室にも浸かってみたいですね。
(三昧・2018年8月)


周囲はガラーンとしたちょっと寂しい地に、数軒の温泉宿で構成される斜里温泉です。どこに立ち寄ろうかと考えながら向かう途中の看板に書かれていた「温泉マニアの湯元館」の文字に引寄せられるように、湯元館にお邪魔することにしました。

お宿はやや鄙びた雰囲気の中規模旅館で、玄関を入ると若い男性スタッフが迎えてくれました。「ここは温泉マニアの宿なんですか?」と聞いてみると聞こえたのか聞こえなかったのか華麗にスルー。(うわ~面倒くさい客が来ちゃったなぁ)と内心思っていたかも。

最初に案内されたのはこぢんまりとした男女別内湯です。「他にも浴室はありますか?」と聞いてみると「料金は高くなるけど貸切浴室がある」とのことで、せっかくなのでそちらを使わせていただきました。

貸切浴室に入ってみると、こじんまりとした男女別浴室とはうってかわって広々とした空間にちょっとビックリ。浴室には7~8人サイズの円形メイン浴槽と、3人用寝湯がある贅沢な造りです。適温で掛け流される湯は綺麗な麦茶色で、優しいモール臭が香ります。ヌルスベとした肌触りが心地よく、何度も腕をさすってしまいました。なにより鮮度がいいです。貸切時間が30分と若干慌ただしいですが、お湯はたっぷりと楽しむことができました。
(まぐぞー・2018年8月)

▼斜里温泉の案内板

▼どのお宿がお好き?

▼ガラーンと広い場所にあります

▼斜里温泉湯元館外観

▼カジュアルな雰囲気の館内

▼セルフのお茶がありました

▼待合室

▼家族風呂を利用しました

▼家族風呂脱衣所

▼広々空間です

▼メイン浴槽

▼メイン浴槽湯口

▼寝湯もあります

▼寝湯 湯口

▼寝湯 溢れ出し

▼見学のみした男性浴室

▼見学のみした女性浴室

斜里温泉 湯元館 簡易データ

北海道斜里郡斜里町西町13-11
Google Map
0152-23-3486
男女別内湯7時~20時(受付19時30分)/400円
家族風呂9時~17時/30分1200円
訪問:2018年8月

斜里温泉 湯元館 温泉分析概要

斜里温泉 ナトリウム-炭酸水素泉 55.5℃ pH=7.9 溶存物質計=1.874g Na=434.7mg(92.79mv%) K=34.5 NH4=5.1 Mg=0.5 Ca=5.4 F=0.5 Cl=139.4 SO4=3.4 HCO3=1063(80.42) CO3=6.4 (H21.9.17) ※温泉利用状況=見当たらず

-北海道
-

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.