夫婦で巡った温泉を、ただ、ただ、アップする地味ブログ。

はしご湯別館・温泉棟

閉館休業など 福島県

清兵衛温泉(閉館)

投稿日:

清兵衛温泉は閉館しました

NHKの「普段着の温泉」で取り上げられて以来、知る人ぞ知る温泉です。ココの温泉、実はお蕎麦屋「古澤屋」の敷地内にあって蕎麦屋のお客さんに無料開放しているのはもちろん、なんと立寄りのみでも無料にて入湯できるのだ。

とはいうものの今回は昼食を兼ねて温泉仲間と一緒に行ってみました。場所は西会津町のR49沿いにあり、西会津ICから5分ほど新潟方面にいった右手にあります。「古澤屋」さんに到着。事前に訪問の連絡を入れてあったのですんなりお座敷に案内して頂きました。みんなお腹がペコペコの為、男も女も全員が大盛り蕎麦を注文。また「古澤屋」オーナーの社長がとても親切なお方で、蕎麦以外にも季節の山菜の天ぷら、食後のコーヒーの無料サービス、お菓子などを振る舞っていただき感謝でした。お風呂は先客様が入湯中なので、食後に浸かる事になりました。しばし社長と仲間で談笑しているとお蕎麦が。。。そば粉10割のお品でおいしく頂きました。大盛りはもり蕎麦二枚也。コシアブラ、たらの芽、フキの頭、コゴミ等の旬の山菜テンプラは格別な物です。

ついに入湯の順番が廻ってきて別棟の湯小屋へ。鍵を閉めての貸し切りで湯に浸かる事ができます。浴室へのドアをあけると木造り浴槽があります、3-4人も入れば一杯の広さです。浴槽にはなんと70-80L/minほどの大量源泉がドカドカ投入中。床も排水で洪水状態。なんともたまらん光景です。湯は無色透明、薄塩味。浴槽内はアワが大量に浮遊していて白っぽく見えます。このアワはポンプで汲み上げたての新鮮な源泉だけがなせる技なのか。体に付着してきて拭っても拭ってもアワが付着します。浴後はポカポカ感が持続する湯。なんとも素晴らしい湯でした。快く親切に対応して頂いた社長に感謝します。
(三昧・2004年5月)


温泉ファンに人気の清兵衛温泉です。古澤屋というお蕎麦屋さんの敷地内にあり、本来は社長さんが奥さんの親御さんの為に掘ったものですが、御好意で一般の人にも無料開放してくれています。以前一度ばん名人、三昧と訪問したのですが、閉店後だった為あえなく退散。今回は温泉仲間と二度目の訪問となりました。まずはザルの大盛りを注文。並×2枚の量で私には少々多過ぎたかな?何しろサービスで山菜のテンプラを山盛り二皿、お菓子まで出していただいたので。

さて温泉ですが、お蕎麦屋さんの建物を外に回り込んだ川沿いにありました。温泉の為だけの小さな家があり、鍵で開け閉め、貸し切り利用できる仕組みです。浴室の扉を開けてビックリ。3-4人は入られそうな浴槽に無色透明の湯がザアザアと掛け流しになっています。湯に浸かると大量のアワが付着。この泡はヌメリがなく刺激もないので炭酸泡ではなく、汲み上げかなんかの時に混入した空気かな??それにしても大量の泡で、掛け流しの湯が真っ白に見える程です。じっと浸かっていると体にブツブツと付着して、まるで蛙の卵みたい。湯はやや温め、飲むとうす塩味。目の前を悠々と川が流れ、環境も素晴らしくよいです。

因に「清兵衛」という名前は、カップ即席麺の「どん兵衛」をもじったもの、とは御主人談。
(まぐぞー・2004年5月)

▼そば店外観

▼お蕎麦

▼山菜の天ぷら

▼浴室のカギ

▼湯小屋

▼浴室

▼湯口

▼溢れ出し

▼泡で湯が白く見えます

▼窓の外は阿賀野川

▼掲示

清兵衛温泉は閉館しました

清兵衛温泉 簡易データ

福島県耶麻郡西会津町野沢道下
10時~17時
火曜日休み
無料
メニュー料金の目安
ざるそば924円・大ざる1575円
訪問:2004年5月

清兵衛温泉 温泉分析概要

会津野沢・清兵衛温泉 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 39.5℃ pH=8.29 83.8L/min(動力) 溶存物質計=3727.9mg Na=1092mg(77.41mv%) K=7.4 Mg=0.4 Ca=272.4(22.21) Fe2=0.2 F=4.3 Cl=1733(79.90) SO4=558.1(18.98) HCO3=15.3 CO3=6.0 H2SiO3=29.2 HBO2=9.6 CO2=9.4(平成元.6.16)

-閉館休業など, 福島県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.