閉館休業など 山形県

さくらんぼ東根温泉 沖の湯(廃業)

投稿日:

さくらんぼ東根温泉 沖の湯は廃業しました。

東根の温泉公衆浴場の一つです。浴場の看板が無ければ自家用風呂を一般に開放しているようにも見えなくも無いです。入口玄関を入るとチャイムが鳴り家の方が出てきて「いらっしゃい」。受付して浴室へ。

正方形のようなシンプルなタイル張り浴槽は3人サイズの広さがあります。薄っすらと黄緑がかった透明湯は45℃と熱め、湯口は57℃で加水なしの源泉そのまんまと思われます。源泉投入口の栓を抜くと浴槽内へと直に熱い湯が注入されて、そのままにしているとどんどんと熱くなってきます。浴槽からはドンドン溢れ出しなんとも言えない満足感です。つるつる感の湯はキリッと熱めで気持ちが良く、湯口での飲泉は鼻に抜けるタマゴ風味が美味しい。今回、初めての東根でしたがこのような良質なお湯が楽しめるとは知りませんでした、満足のできるお湯でした。
(三昧・2006年12月)


東根温泉に点在する公衆浴場のひとつで、やや年季の入った外観が印象的です。館内には男女別に内湯があり、女性側には4人サイズの四角い浴槽がひとつ、ほんのり緑茶がかっても見える透明湯が静かに注がれています。

57℃の激熱湯がいったん湯溜めに注がれ、更にそこから少しづつ浴槽へ注がれる仕組みになっています。湯溜めには「振子」のような栓がされ、その開閉によって浴槽への注入量が調整できるようです。ちなみに訪問時の浴槽上部の湯温は49℃でしたが、大きく湯揉みをしたら、なんとか入られるまでになりました。

湯はツルツルとした肌触りがあり、口に含むと生臭系の硫黄風味があります。訪問時はあまり湯浴み客がなかったのか湯の鮮度は良好、熱湯のジ~ンと染み入る感を楽しみました。出た直後はあたたまり感が少ないのですが、後からジワジワとポカポカ度が上昇します。熱湯ではあるものの、ホッとする湯です。
(まぐぞー・2006年12月)

▼掲示

▼男性浴室

▼別の角度から

▼女性浴室

▼湯口

さくらんぼ東根温泉 沖の湯は廃業しました。

さくらんぼ東根温泉 沖の湯 簡易データ

山形県東根市温泉町2丁目7-16
8時~20時
第1月曜日休み
200円
訪問:2006年12月

さくらんぼ東根温泉 沖の湯 温泉分析概要

東根温泉共同組合第12号泉 含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 62.2℃ pH=7.9 溶存物質計=1327mg Li=0.7mg Na=370.5 K=10.0 Mg=0.4 Ca=46.0 F=5.4 Cl=440.6 Br=1.1 I=0.2 HS=1.4 SO4=203.4 HPO4=0.1 HCO3=159.8 CO3=1.0 S2O3=1.3 H2SiO3=65.2 HBO2=20.0 CO2=3.4 H2S=0.2 (H17.3.14) ※温泉利用状況=全て該当なし

-閉館休業など, 山形県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.