山形県

鳥海温泉保養センター あぽん西浜

投稿日:2012年2月2日 更新日:

再訪してみました。以前からの内湯に加えて、新しく露天風呂が追加新設されていました。

内湯の横長で20人サイズの角タイル張り浴槽は以前と変化はありません。薄黄色透明、つるつる浴感に浴槽内の強カルキ臭も変わりはない。

お目当ての新設露天風呂は東屋風岩風呂の印象。広さはなんとか5人サイズ程度で、施設の利用者数からすると少し小さく思ってしまいます。湯は薄笹にごり、はっきり塩味、弱甘味、弱金気風味、化石海水臭がするというもの。15L/min程度の加熱湯を投入、浴槽前面側よりオーバーフローさせて掛け流し。

また、屋外の施設駐車場脇に無料足湯があるが、投入量少なすぎて満足するに至らない状態。湯なまり発生しており、こちらはもう少し投入を増やすべきです。
(三昧・2011年5月)


鳥海温泉郷にある日帰り温泉施設の「あぽん西浜」です。ふらっと寄ってみました。採光よいガラス張りの明るい浴室に大浴槽とサウナがあります。湯は黄色透明、塩味、塩素臭。半循環でけっこうなスベスベ感があります。源泉温度37.8℃の為加熱です。施設の前には足湯と飲泉所があるので、こちらも寄ってみました。
(三昧・2003年11月)


秋田県との県境近く、松原続く海岸沿いに位置する立派な温泉施設です(浴室から海は見えません)。約7年ぶりの再訪問です。以前は「西浜源泉」を加温半循環利用した内湯のみでしたが、数年前に新源泉を導入、加温掛け流し利用の露天風呂が新設されました。

脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、温泉槽は20人サイズの長方形浴槽がひとつ。こちらは以前からの「西浜源泉」を利用しています。湯口より少量の源泉を投入、浴槽内で循環使用の半循環といった湯使いです。オロナミンCのような鮮やかな蛍光黄色、海の臭いと塩素臭が漂う湯はニュルスベとした肌触り。

今回楽しみにしていた露天風呂は4~5人サイズの岩風呂で、緑がかった黄土半濁りの湯を掛け流し利用しています。こちらは塩素消毒もなく、加温のみというなかなかの湯使い。浴槽サイズにして充分な投入量があり、内湯と比べ海の匂いがより一層強く、口に含むと甘塩ダシ鉄風味がしました。

数年ぶりの「あぽん西浜」ですが、新源泉を利用した露天風呂を新設など、なかなか頑張っている様子。難点といえば、シャワーの数がそれほど多くないうえに故障や出の悪い箇所もいくつかあり、お客さんが困っている姿がチラホラ。こういう部分を修繕すれば、お客さんも喜ぶはず。
(まぐぞー・2011年5月)

▼男性内湯/画像ではわかりにくいですが鮮やかな湯色です

 

▼男性露天風呂

▼女性内湯

▼足湯と飲泉場(2003年)/2011年囲いができました

 

▼足湯/飲泉場

 

山形県飽海郡遊佐町吹浦字西浜2‐70
0234773333
6時~22時(受付21時30分)
第2・4月曜休み
350円→400円
訪問:2003年11月・2011年5月

■西浜源泉 ナトリウム-塩化物泉 38.2℃ pH=7.2 溶存物質計=4429mg Li=1.3mg Na=1240 K=85.2 Mg=55.9 Ca=104.9 F=0.3 Cl=1929 Br=15.4 I=8.2 HPO4=0.6 HCO3=806.8 CO3=1.0 H2SiO3=143.6 HBO2=35.0 CO2=85.4 (H20.7.24)※加温あり・循環あり・塩素系薬剤使用あり

■鳥海源泉 ナトリウム-塩化物泉 38.7℃ pH=7.1 溶存物質計=8484mg Na=2660mg K=204.9 Mg=69.4 Ca=110.1 Mn=0.2 Fe2=3.9 Cl=4335 HCO3=873.7 H2SiO3=150.6 HBO2=75.5 CO2=350.5 (H16.3.22) ※加温あり

-山形県
-

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.