長野県

霊泉寺温泉 遊楽

投稿日:2017年2月6日 更新日:

霊泉寺温泉の共同駐車場から共同浴場方向へ進んでいくと、いちばん最初に目に入ってくる温泉宿「遊楽」。霊泉寺で未訪問の宿でもあったので今回立ち寄る。玄関を入ると老夫婦が対応、入浴をお願いするとちょうど宿泊客が貸切利用中との事。もう少ししたら出直します、と伝えて退出。約一時間後に再訪して知ったのだが、立ち寄り時間は11時からだったようで先ほどの時間は9時前だったのでかなりのフライングだったようです。

はれて受付を済まし浴室へ。男湯を貸切でどうど、との事。女湯には湯が張られていなかったらしい。正面方向には4枚の曇ガラス窓、浴室中央には4-5人サイズの昔ながらのシンプルなタイル浴槽があります。面白いのは龍の湯口、ここから約15L/minほどの温めな源泉と、時折加熱された源泉が浴槽投入されています。なので浴槽では体感41.5℃ほどに温度調整されており適温といった感じでしょうか。無色透明、ほんのりとろみ感のある湯。排湯は湯船底と浴室床とが繋がるパスカル方式。もしや加熱無しの湯に浸かれるかと期待しちゃいましたが、しっかりと加熱されていました。機会があれば再訪したいと思います。
(三昧・2016年9月)


霊泉寺温泉の中で最後まで未湯だった一軒です。鄙び過ぎていない、こぢんまりとした民宿的なお宿で、やや年季も入っていますが温泉街の中では一番新しい感じがします。訪問すると女将さんとご主人が優しい笑顔で迎え入れてくださいました。館内には男女別に浴室がひとつづつ。訪問時は女湯が湯払いのため、男湯を貸し切り利用させていただけました。

長年使い込まれ、いい感じに味わいの出て来た魅力ある浴室は、窓が大きくとられた明るい印象。5人サイズ浴槽がひとつあり、珍しい龍の湯口より無色透明の湯が滔々と流し込まれています。入浴前に女将さんから「ぬるいですよ」と言われたのですが、湯口の湯は非加熱と加熱の源泉が交互に投入されるもので、浴槽湯ではちょうどいい適温となっていました。浴槽サイズにして充分な量の投入があり、浸かる人も少なかったのか鮮度面でも申し分ない気持ちよい掛け流しです。浴室の雰囲気も良く、いつまでも浸かっていたい湯でした。
(まぐぞー・2016年9月)

▼外観/掲示
 

▼男性浴室
 

▼湯口/サイフォン式の排湯
 

長野県上田市丸子町平井2540-15
0268-41-7170
立ち寄り時間要問い合わせ
500円
訪問:2016年9月
(温泉館分湯枡=湧出地における分析)霊泉寺温泉 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉 38.5℃ pH=8.2 溶存物質計=1020mg Na=72.2mg(21.65mv%) K=1.2 Mg=0.3 Ca=226.3(77.84) Sr=1.0 F=1.0 Cl=39.0 Br=0.1 NO3=0.3 SO4=627.0(90.15) HCO3=12.0 CO3=2.1 H2SiO3=36.7 HBO2=0.5 CO2=0.4 (H26.9.19) ※温泉利用状況=加温することもある

▼湯めぐりアイテム
温泉博士 2019年 01 月号 [雑誌]
年末年始ほぼ使えません。

タニタ 温度計 料理 ホワイト 防水 TT-508 WH スティック温度計
温度計は、細い源泉湧出口の中も計測できる防水機能のあるスティックタイプが良いです。

ケロリン桶 関東版 00350

-長野県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.