キルギスの温泉

キルギスの温泉|ジェルガラン温泉(Жыргалаң Курорту)

更新日:

カラコルのビッグバザールからトゥプ村方向へタクシーで15-20分ほどの場所にある温泉施設です。Googleマップだと健康ランド、と表示されていました。因みに初めての訪問だったので行きのみタクシー(250スム)を利用しましたが、何番かは分かりませんがトゥプ村方向のミニバスでも行けます。実際に帰りは通りがかりのミニバスを停めてカラコルまで20スムで戻ってこれました。

タクシーを降りてゲートに向かいます。ゲートが閉まっていたので営業しているか不安になりましたが、すぐ横に人が通れる通用門があってそこからゲート内に入れました。そのまままっすぐに道路を200-300mほど突き進みます。道路の両側にイメージとしては寒冷地にあるような木々が植えられています。突き当たる左側に白い建物があるのでそこが温泉入浴施設になっていました。

入り口には12-13時はランチ、っぽい事が書かれていたのでこの時間は避けた方が良いかも知れません。入り口を入ると正面に係りの方がいらして受付をしてくれます。ただし、例によって英語は一切通じません。オンリールスキーですが、ジェスチャーを交えてなんとか意思疎通ができます。Google Translateの活用も効果ありです。

受付時、一緒に入浴するか?的なことを聞かれて「はい」と言うと浴室が二部屋ある空間に案内されました。基本は一人一室の個室利用のようでした。浴室はなんの飾りもない造りで、バスタブとその横には温泉利用のシャワーが備え付けられています。洋服やバッグを掛けておけるフックもありました。

まずはバスタブにバルブを開けて源泉を注ぎ軽く湯流しをして清掃します。その後。バルブ全開で源泉を一気に浴槽へ投入します。その投入湯量はなんとMaxで60-70L/minは出るので、一杯になるまで5分程度しかかかりません。バルブは一つでそこから源泉が出て来る仕組みで、加水バルブはありません。源泉は加水しなくて入浴できる程よい温度となっています。

分析書らしきものが屋外の飲泉所にあって確認すると温度41℃とある。ですが、源泉蛇口では約43℃ほどはあったと思います。分析書からは塩化物泉タイプの湯と判断できました。

お湯は無色透明、わずかな塩味に弱石膏臭が香ります。スベスベ感のある湯を自在投入できて好みの湯量で掛け流しできる贅沢が味わえました。
(三昧・2019年9月)

▼温泉施設入口(左の青い扉から入る)

▼敷地の中は寒そうな木がたくさん

▼自家用車はここまで来れます

▼こちらが温泉棟

▼温泉棟外観

▼受付

▼一人用の温泉浴室が並んでいます

▼利用した二部屋の浴室

▼カーテンで家族湯に仕切れます

▼セルフで温泉投入

▼浴室

▼浴槽

▼湯口(浴槽横の穴から排湯されます)

▼満湯になりました

▼湯口の様子を動画でどうぞ(音が出ます)


 

▼シャワーも温泉

▼屋外の飲泉場

▼四角い穴の中に温泉があります

▼ちょっといただきました

▼分析表もありました

帰りのミニバスについて

帰りにビッグバザール方面へのミニバスをA363号線で拾う場合、温泉施設の門を出てすぐ前だと、坂道を下ってくるバスのスピードが出ていて停車できないので、ビッグバザール方面へ数百メートル歩いた場所で手をあげると停まってもらえると思います。

※ビッグバザール方面へ帰る場合は、施設側から道路を渡った反対車線でミニバスを拾ってください。

ジェルガラン温泉 Жыргалаң Курорту

キルギス・カラコルの郊外(ジェルガラン川沿い)
Googleマップでみる
8時~20時(12時~13時お昼休み?)
二人用浴室利用時一人70スム
訪問:2019年9月

Google・海外




-キルギスの温泉
-, ,

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.