北海道

岩尾温泉宿 夕陽荘

投稿日:

国道を車にて南下途中、睡魔に襲われて休憩がてら立ち寄りしてみました。国道から坂を上がり進んだ先に夕陽荘はありました。日本海を見下ろす高台に位置しており、宿の名称でもある「夕陽荘」というのがとても似合うネーミングです。

受付して浴室へGo。館内の至る所は新しくてキレイで清掃面もしっかり、という印象を受けました。湯上り後に一休みも可能で、食事やドリンクのオーダーも出来るようです。浴室窓からの眺めは素晴らしいです。一面の海の眺望があり夕陽が沈む時間帯はさぞかし良いことでしょう。

浴槽はガラス窓に沿うようにあります。5-6人サイズのタイル張りで、浴槽湯が見た感じ溜め湯状態になっていました。浴槽湯はほぼ無色透明、少し口に含んでみると弱酸味があります。湯舟内には鉄分系の析出物が薄っすらとタイルに付着していました。この溜め湯状態な状況でいつお湯が足されるのか気になるところです。鉄分の含有量がそこそこあるので、浴槽湯の状態からすると除鉄していると思われます。ここはひとつ一人用浴槽でも結構なので源泉浴槽を設置して冷たい非加熱源泉を掛け流しで味わってみたいものです。
(三昧・2018年8月)


岩尾温泉宿夕陽荘は海を見下ろす高台に位置するこじんまりとした温泉宿です。派手さはないものの随所に女性好みしそうな要素が散りばめられ、雰囲気の良さを感じます。

浴室は男女別に内湯がひとつづつ。女性浴室は4人サイズの長方形浴槽がひとつという簡素な造りですが、大きめにとられた窓からは海が眺められ、宿の名前からして夕陽の時間帯は特に良さそうでした。

肝心の湯は冷鉱泉のため加温・循環・塩素利用という温泉マニア的にはテンションの上がる湯使いではありませんが、湯の成分により赤茶色に染まった浴槽には加温された無色透明湯が満たされ、湯面からはほんのり酸っぱいような香りが漂い、キリッとした硬さを感じる個性があり、私は充分楽しめました。

浴後に宿泊客用の夕食が準備されている横を通ったのですが、まさに夕陽に染まる海を眺めながらの見るからに新鮮そうな海鮮三昧で、これにはとてもそそられました。立ち寄り入浴というよりは、宿泊して食事や景色を楽しむ宿と感じました。
(まぐぞー・2018年8月)

▼海を見下ろす好立地です

▼天体観測もできるんでしょうか

▼水槽に飼われていた海の生き物

▼薪ストーブもありました

▼いい雰囲気です

▼岩尾温泉宿夕陽荘 男性浴室

▼男性浴槽

▼浴室からの眺め

岩尾温泉宿 夕陽荘 簡易データ

北海道増毛郡増毛町岩尾140?1
0164-55-9611
11時~21時(土日祝10時~20時30分)
水曜日休み
500円
訪問:2018年8月

岩尾温泉宿 夕陽荘 温泉分析概要

岩尾温泉 単純冷鉱泉 13.0℃ 300L/min(自然湧出) pH=3.1 溶存物質計=0.357g H=0.8mg Na=16.2 K=1.8 Mg=5.2 Ca=39.9(39.72mv%) Al=4.9 Mn=0.2 Fe2=13.4 Fe3=0.3 F=0.2 Cl=29.1 HSO4=5.3 SO4=197.1(82.33) H2PO4=0.2 H2SiO3=36.0 HBO2=6.6 CO2=139.1 (平成元.10.19) ※温泉利用状況=加温あり・循環ろ過あり・塩素系薬剤の使用あり

-北海道

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.