北海道

稚内市健康増進センター 稚内温泉童夢

投稿日:

稚内市にある日本最北端の温泉、稚内温泉「童夢」に立ち寄りしてみました。この施設の立地や周辺の景観は特別感があり満足できます。施設の印象としては中規模の二階建て日帰り温泉センターといった感じです。玄関入り一階に受付、二階に浴室や休憩所、それと麺類をメインとした食堂というかレストランもありました。

早速、脱衣所へ向かいます。お決まりのカメラ&カメラ機能付き携帯電話の浴室持ち込みは禁止の旨の注意書きがありました。

脱衣所には分析書掲示があり、温泉利用状況も浴槽全て掲げられていました。それによると源泉に加水と加温をしたものが基本ベースで、そのお湯を各浴槽にて循環・ろ過・塩素消毒を施して利用する湯使いとなっていました。前回分析日の情報では湧出量=51L/minという情報もあるので、この多種類の浴槽と大きさからして完全に湯量不足といえるでしょう。

浴槽の種類は6つもあり、大浴槽・ジャグジー槽・ジェットバス槽・打たせ湯・ボディーシャワー・露天風呂を備えています。一般受けしそうな造りの上、市内では貴重な温泉ゆえに当日は利用客でにぎわっておりました。

数種類ある浴槽のうち個人的に露天風呂が気に入り、ここでほとんど浸かっていました。露天風呂は四分の一円形で石と岩で造られた浴槽で6-7人サイズでしょうか。湯口からは弱く石油臭らしき香りあり、適温で浸かることができ外気にも触れられ、お湯抜きにしてもまずまずでした。因みに一日の〆の湯となった温泉です。
(三昧・2018年8月)

▼外観

▼館内

▼館内レストランメニュー(訪問時は残念ながらお休みでした)

撮影禁止のため浴室画像はありません

稚内市健康増進センター 稚内温泉童夢 簡易データ

北海道稚内市富士見4丁目1487番
0162-28-1160
9時45分~22時(受付21時30分)
第一月曜日休み(祝日は翌日)
600円
訪問:2018年8月

稚内市健康増進センター 稚内温泉童夢 温泉分析概要

稚内ノシャップ温泉1号(女湯大浴場注入口、加水加温後の分析)ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 38.4℃ pH=8.2 溶存物質計=6.020g Na=2051mg(97.38mv%) K=8.9 NH4=10.7 Mg=9.3 Ca=15.5 Al=0.4 Fe2=0.1 Zn=0.1 F=0.1 Cl=2179(69.36) S2O3=0.2 SO4=3.3 HCO3=1612(29.82) CO3=19.6 H2SiO3=6.2 HBO2=103.5 (H26.5.7) ※温泉利用状況=加水あり(加水比は源泉1に対し水3・加水後にスケール防止剤の添加あり)・加温あり・循環ろ過あり・塩素系薬剤の使用あり・薬湯槽のみ日替わりで入浴剤の使用あり(種類名は別途記載)

-北海道

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.