兵庫県

七釜温泉 ゆ~らく館

投稿日:

湯村温泉に向かおうとした矢先に「100%源泉掛け流し」「外湯」という幟を見かけてしまう。気になり行ってみると良さそうな日帰り温泉施設の外観だ。玄関横にはちょっとした足湯もある。館内には大広間休憩所もあり自由利用可能だ。

内湯は長方形8人サイズの石造り浴槽が一つある。薄っすらと緑がかった薄笹濁りで見た目にもきれいな湯色をしている。湯面からはほぼ無臭。湯口にて薬っぽい臭いと味がする。身を沈めると浴槽脇のオーバーフロー溝へ流れ出る仕組みで、気持ちの良い掛け流しだ。

露天風呂もある。屋根掛けされた東屋風で4-5人サイズの石風呂で縁は木枠造りと、一人用の釜風呂の二つがある。お湯は内湯と全て同じものだが、湯温に若干の差がある。内湯と東屋風露天では約42-43℃、釜風呂では42℃ほどに調整されていた。露天風呂もやはり湯色がキレイな薄笹濁りのものだ。貴重な掛け流しと、良い湯使いの施設でしょう。
(三昧・2018年9月)


湯村温泉へ行く途中に「源泉掛け流し」というフレーズを見かけ、ついつい吸い込まれた日帰り温泉施設です。しっかりとした建物の清潔感ある施設で、関東や東北地方であれば朝から大勢の入浴客で賑わってそうですが、この辺りは外湯に浸かるという文化が薄いようで、三連休初日の土曜日にもかかわらずなんと広々浴場が貸し切り状態という。

脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、大きくとられた窓ガラス沿いに10人サイズ浴槽がひとつあり、湯口より熱めの湯が投入され、浴槽内でも熱めの掛け流し。薄く黄土濁りを帯びた湯は甘味と引っかかり感があり、湯面よりほんのり温泉臭が香ります。

続く露天風呂は広く開放的なスペースに2人用の釜風呂と、5~6人サイズの石風呂がありました。釜風呂がややぬるめ寄り適温、石風呂がやや熱め寄り適温で、湯使いは内湯と同じ掛け流しです。露天風呂の向こうは緑の樹木が見え、爽やかな風の通るなんとも心地よい空間となっていました。オープン間もない時間帯の訪問だったためか内湯と露天風呂共に湯の状態もよく、何気なく立ち寄った温泉ですが良い湯に当たりラッキーでした。
(まぐぞー・2018年9月)

▼七釜温泉のゲートがお出迎え

▼裏表違うデザインです

撮影禁止のため浴室画像はありません

七釜温泉 ゆ~らく館 簡易データ

兵庫県美方郡新温泉町七釜524
0796-83-1526
9時~22時(受付21時15分)
第1・3水曜休み
500円
訪問:2018年9月

七釜温泉 ゆ~らく館 温泉分析概要

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 50.4℃ pH=7.1 720L/min(掘削・ポンプ揚水) パイプ引き湯(711.3m) ※温泉利用状況=貯湯槽があります。衛生対策のため、60℃まで加温します。

-兵庫県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.