閉館休業など 青森県

小曲温泉 秋田谷旅館(宿泊)(閉館)

投稿日:

小曲温泉 秋田谷旅館は閉館しました

五所川原市に湯質が良い立ち寄り不可の温泉旅館があるとの事で宿泊してみました。一見「秋田谷旅館」の看板がなければ民家のようにも見えました。いつもながらの素泊まりで宿泊なのでのんびりとチェックインです。お宿はおばあちゃん達で切り盛りしている様子です。他のお客さんは常連客・湯治客・現場労働者客と様々でした。

お風呂は一つのみで入湯中は鍵を掛けて貸し切り可能です。タイル張りの3人ほど入れる広さの浴槽で一面が赤茶けており凄い事になっています。源泉は蛇口から常時、浴槽へ投入されています。たくさん捻って源泉をドンドコ入れる事もできてドバドバとオーバーフローさせて楽しんでしまいました。湯は蛇口から出た直後は無色透明ですが、浴槽では褐色半濁り、塩味、金気味、ちょいキシの浴感。アワも多少のみならず体にまとわりついてくる。湯は見た目、味、また浴室床などは赤茶で染まっていてかなり特徴ある温泉です。源泉は直線で50mほどの所にあるトタン張りの小屋?で湧出しており引き湯との事。
(三昧・2004年9月宿泊)


岩木川沿いから少しばかり住宅地へ入った「小曲」にある温泉宿です。少々入り組んだ場所にあり、以前下見がてら探した時はしっかり迷いました。見た目は普通の民家、旅館というより民宿と言った方がいいかも?訪問時は1階の居間のような所でお宿の女将を含め数名の婦人が談笑中。なんともアットホームな雰囲気です。今回は食事無しの素泊まりで利用しましたが、朝食付き、二食付きと、色々あるようです。

通された部屋は2階の階段横。6帖だったか8帖だったか忘れてしまいましたが、普通の民家の一部屋といった感じで、古さもあり少々草臥れた感じです。壁には何故かカレンダーが何枚もはられ、浅虫温泉の笠とミノが飾られています。到着時には既に布団が敷かれていました。窓の外は駐車場と近隣の家屋が見え、まさに「普通の民家」な温泉宿。客層はビジネスで泊まられる男性が多いようでした。

浴室は1階にあり鍵をかけて貸し切りにできます。3人も入れば一杯のタイル浴槽に無色透明の湯が蛇口よりジャカジャカ流し込まれ、浴槽内では薄黄土色、湯に体を沈めるとザバーッと豪快に溢れ出し、洗い場はアッという間に水没、排水が間に合わない程です。適温の湯は泡付きが良く、甘塩ダシ味のするもの。大変温まる湯で、浴室内の蒸し蒸しもあり発汗が凄いです。ちょっとモタッとした臭いも印象的。湯上がりは肌がしっとりするのも良い感じでした。カランの湯も温泉です。

この温泉は秋田谷旅館の飼い猫も好きなようで、ナント毎日タライに湯をはり、湯浴みをさせているとの事。私達が訪問時も猫に湯浴みをさせる所だったのですが、よからぬ空気を察したのか直前にサッと外へ逃走してしまい見られず終いでした。
(まぐぞー・2004年9月宿泊)

▼宿泊した部屋

▼浴室

▼浸かった様子

▼湯口

▼溢れ出し

▼汲んでみました

▼1時間後には色がついてきました

▼ここが源泉でしょうか

小曲温泉 秋田谷旅館は閉館しました

小曲温泉 秋田谷旅館 簡易データ

青森県五所川原市大字小曲字沼田9-5
宿泊しました:素泊まり3000円
訪問:2004年9月(泊)

小曲温泉 秋田谷旅館 温泉分析概要

ナトリウム-塩化物泉 61.1℃ pH=7.5 湧出量測定不可能 溶存物質計=7495mg Na=2631mg(94.11mv%) K=55.2 NH4=2.4 Mg=23.2 Ca=67.5 Mn=0.7 Fe2=7.6 Li=0.3 F=3.4 Cl=4057(92.89) Br=11.7 I=1.9 SO4=185.6 HPO4=0.7 HCO3=277.6 H2SiO3=155.5 HBO2=13.6 CO2=24.9 (S63.4.26)

-閉館休業など, 青森県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.