青森県

五戸まきば温泉

投稿日:2018年12月2日 更新日:

久々に訪れてみました。ほとんど記憶が無くなっていたので確認の意味もあって寄ってみました。当館は日帰入浴が可能な温泉旅館です。入浴のみはもちろん、食事のみも可能。

浴室に入ると空間にカルキ臭が漂っていました。タイル造り浴槽二つが仕切り一つで横並びの配置。湯口がある浴槽からもう片方の浴槽は湯面下で繋がったいてお湯の流入があります。岩石湯口からの湯投入がありますが、オーバーフロー先がよく分かりませんでした。ほぼ無色透明の湯、弱塩味の湯が満たされていました。

以前には無かった露天風呂も造られていました。今回は内湯より露天風呂にほとんどの滞在時間を費やしました。浴槽の半分ほどが屋根掛けされた7-8人サイズの露天岩風呂が一つあります。浴槽湯温は約41℃ほどでまずまずゆったりと浸かることができます。少し色づいたように思えましたが浴槽色との兼ね合いで目の錯覚かもしれませんね。ツルツルとした浴感で露天風呂はカルキ臭がなくまずまずです。湯口は木箱のように囲われていてちょろちょろと投入湯がありました。
(三昧・2018年9月)


青森遠征の締めの一湯になった温泉宿「五戸まきば温泉」。どうやら訪問日でお宿の改装により、一時的に休業ということであった。立寄り入湯のお客さんも多く、積極的に受け入れている様子。広めの浴室、床は全面に青石が敷かれており見た目にもキレイで素晴らしい。4×3.5mの浴槽にも青石が使われておりお見事。10人以上は入れる広さがあります。

浴室に入り、まず目に付いたのは湯使いの素晴らしさです。浴槽からお湯を溢れさせる仕方が上手なのです。浴室床の全体に、溢れるお湯を満遍なく行き届かせています。洗い場のシャンプーなどの泡などはこれで流されてしまう造りとなっているのです。当然にも掛け流しで利用、ほんのり緑がかったようにも見えるお湯は弱くダシの効いた塩味がします。湯に浸かりまったりしてると、とても柔らかなツルツル浴感に身体が包まれてきます。浴槽温度は43℃、湯口では44℃ほど。分析値の温度よりは少し高いですが、加温うんぬんは不明です。この浴槽の隣には「トルマリン・ゲルマ二ウム」関連の小さな浴槽がありますが興味ないのでパス。
(三昧・2006年7月)


五戸町にある温泉施設です。宿泊も行っていますが大浴場は日帰り施設としても大々的に解放するという、青森県ではよく見られるパターンです。こちらは十数年ぶりの再訪ですが、前回訪問時はまだ内湯しかなく、近々露天風呂ができると話されていました。その露天風呂もできあがってから10年以上は経過しているので、本当に久々の再訪となります。

脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、5~6人サイズと7~8人サイズに仕切られたメイン浴槽に、ほんのりくすんだ黄色を帯びた透明湯を流し込んでいます。大きい浴槽に源泉を投入し、小浴槽へと流れ込む仕組みで温度差をつけています。弱くヌルっとした肌触りの湯は少々カルキ臭も漂います。源泉温度から察するに加温だと思いますが、訪問時は溢れ出しポイントも確認しなかったのでいまひとつ湯使いは不明です。夕方近くの訪問だったからか、やや鮮度に欠けるかな、という印象でした。

続く露天風呂は10人サイズの石造りで、ぬるめの湯が溢れていました。こちらも湯使いをよく確認しなかったのですが、掛け流しかなと思います。ただ訪問時はカルキ臭が強く、これがちょっと惜しい気もしました(男湯の方はカルキ臭はなかったようです)。投入せざるを得ないなんらかの理由があるんだと思いますが。
(まぐぞー・2018年9月)


五戸町にある温泉旅館です。「まきば温泉」という名前のごとく、建物はどこか牧場風。通常は宿泊も行っていると思うのですが、訪問時は明日(?)より改装工事に入るとあってか、立寄り客が主体でした。夕方近い時間帯、皆さんマイお風呂セットをぶら下げて、銭湯のように利用しています。

女性浴室は内湯のみ、広々とした大浴場がひとつ。浴場の窓が比較的大きくとられ、周囲の緑が清々しく、なかなかいい雰囲気です。10数人サイズの四角いメイン浴槽と、3~4人サイズの長方形ジャグジー浴槽があり、私は主にメイン浴槽でお湯を楽しみました。

石造りのオブジェから流し込まれる湯はジャカジャカ大量投入タイプではないものの、静かに浴槽全面から小波のように溢れ出るもの。訪問時は丁度夕立が降り、外が薄暗かった為、湯の色はいまひとつ確認できなかったのですが、たぶん無色透明に近い仄かな色づきがあるような気がします。塩気を感じる湯は優しい温泉臭が漂い、つるつるとした適温湯で気持ちよく湯浴みできます。毎日浸かるには、こういうお湯がいいかもしれません。

改装終了は10月頃を予定との事。どういう風に変身するのか楽しみです。もしかして露天風呂でも造るのかな?
(まぐぞー・2006年7月)

▼休憩大広間/大浴場にはシャンプーなどありません

 

▼男性内湯

▼内湯湯口/洗い場

 

▼男性露天風呂

青森県三戸郡五戸町字苗代沢3
0178625511
5時~22時
350円→450円
じゃらんから宿泊予約
訪問:2006年7月・2018年9月

苗代沢2号源泉 ナトリウム-塩化物泉 40.3℃ pH=? 成分総計=2.880g Na=937.5mg(92.43mv%) K=22.9 Mg=6.6 Ca=44.2 F=0.8 Cl=1359(84.46) Br=2.7 I=0.3 SO4=136.1 HPO4=0.2 HCO3=214.4 CO3=19.2 (H26.5.2) ※温泉利用状況=確認できず

【以前の分析】苗代沢温泉(五戸まきば温泉2号泉)ナトリウム-塩化物泉 40.4℃ pH=? 溶存物質計=2776mg Na=911.2mg(92.02mv%) K=25.2 NH4=0.6 Mg=6.8 Ca=44.1 F=0.3 Cl=1234(81.41) Br=4.5 I=1.4 SO4=161.8 HCO3=262.3 CO3=6.0 H2SiO3=109.3 HBO2=8.2(H16.4.27)

▼湯めぐりアイテム
温泉博士 2019年 01 月号 [雑誌]
年末年始ほぼ使えません。

タニタ 温度計 料理 ホワイト 防水 TT-508 WH スティック温度計
温度計は、細い源泉湧出口の中も計測できる防水機能のあるスティックタイプが良いです。

ケロリン桶 関東版 00350

-青森県
-

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.