別府市 閉館休業など 大分県

鉄輪温泉 かんぽの宿別府(閉館)

投稿日:

鉄輪温泉 かんぽの宿別府は閉館しました

鉄輪温泉 かんぽの宿別府 2018年10月

いつも鉄輪の温泉街にある貸間に宿をとり、そこから散歩がてら徒歩で行く「かんぽの宿別府」。何度か来ているが今回も徒歩で行く。先日、温泉道の高段者優待券を頂いた。これを利用して「かんぽの宿別府」は半額で入浴できた。受付後、確か浴室は二階だったなぁと思いつつ階段で移動する。あっそうそうここだ、と一人で納得して脱衣所に着く。

内湯浴場は毎度カルキ臭が漂っているがこれはこれで仕方がない。内湯浴室では洗い場で身体を洗うのみで湯には浸からない。目指すは露天風呂で12-13人サイズの川のような造りだ。更に目指す場所は湯雨竹を採用している湯口脇のベストポジションだ。訪問時は偶然にもお目当ての場所が空いていたので移動して湯に浸かる。無色透明、なんてことのない単純温泉だが実に肌に馴染んでしっくりくる湯なのである。熱くなく温くないコンディションもこういう施設には必須条件でしょう。ざっと15分ほど入浴して湯浴み終了。なんだかんだ近くに来ると来てしまう宿なのです。
(三昧・2018年10月)

 

鉄輪温泉 かんぽの宿別府 2016年3月

久しく再訪してみました。前回の分析日から約10年経過したせいか再分析されていました。以前あった内湯の超音波風呂は故障して休止との事、浴槽自体に木材の蓋がしてあり浴槽として使われていない状態でした。確か露天風呂のお湯の方がまずまずという記憶もあったのでそちらへ移動。高温の源泉を冷却する竹製冷却装置も変わらずに使われていました。無色透明、弱温泉臭する湯がかけ流されており、さっぱり&しっとり湯といった感じですね。
(三昧・2016年3月)


鉄輪温泉のメイン通りからは少し外れた場所にある大型温泉施設です。3回目の訪問となりましたが、ここはいつ来てもファミリーを中心に賑わっていますね。特に小さなお孫さんを連れたシルバー層が目立ちます。それだけ気兼ねなく安心して利用できる雰囲気があるってことだと思います。

前回訪問時から露天風呂では、ひょうたん温泉の竹製温泉冷却装置を使い、掛け流し利用となりました。内湯は以前と同様に塩素臭の循環利用です。なので、体を洗って露天風呂へ直行です。今回訪問時ではなぜか竹製温泉冷却装置は使われていませんでしたが、熱い源泉をドコドコ投入しての掛け流しは続けられていました。優しい温泉臭香る湯は、お客さんが多いわりには湯汚れもなく、ちょっとさっぱり感もあって気持ちいいです。別府には温泉施設が多くなかなか再訪にはいたりませんが、また数年後に来ようと思います。
(まぐぞー・2016年3月)

▼内湯のジャグジー槽が塞がれていました

 

鉄輪温泉 かんぽの宿別府 2008年1月

日本全国どこにでもある「かんぽの宿」。ここ別府も例外ではありません。しっかりとありました、かんぽの宿別府。フロントではきちんと丁寧な応対の従業員に感心しつつも浴室へ移動する。内湯の他にお約束の露天風呂も当然のように備えています。

湯気がこもり気味の浴室、15人サイズの池形のコンクリ内湯が一つあります。高温源泉を冷ましつつ少量のみ浴槽へ投入されています。湯は緑っぽくも見える透明湯、41℃の適温湯です。しかし湯面からはカルキ臭が漂っています。

露天風呂へ移動して気分転換をば。。。庭園風の岩風呂で15人はいけそうな広さがあります。露天風呂は「源泉100%掛け流し」というのでどれどれと早速確認。「ひょうたん温泉」でも使用されている竹製温泉冷却装置が導入されていて、確かに源泉100%のようです。内湯と違いカルキ臭もありません。以前は別源泉を利用していたようです。
(三昧・2008年1月)

▼男性露天風呂

▼別の角度から

▼ひょうたん温泉の竹製温泉冷却装置が導入されていました

 

鉄輪温泉 かんぽの宿別府 2004年4月

かんぽの宿は万人向けで老若男女が楽しめますね。ここもそうで訪問日もファミリーを中心に沢山の宿泊客で賑わっていました。男女別の大浴場は、脱衣所を抜けるとまずは内湯です。入った瞬間ツンとカルキ臭。浴室には広々とした変形浴槽と、ブクブクジャグジー浴槽とがあります。流し込まれる湯は熱めの透明で循環利用。

続く露天風呂は岩が配された岩風呂風です。湯口より熱めの仄かに茶系の濁りを帯びた湯が流し込まれ、浴槽内では数カ所の吸い込み口稼働の循環利用。湯使い的にはアレですが、万人が気兼ねなく楽しめる雰囲気のいい施設だと思います。ちなみにここで温泉道八十八か所目、無事名人になれました。
(まぐぞー・2004年4月)

 

鉄輪温泉 かんぽの宿別府は閉館しました

鉄輪温泉 かんぽの宿別府 簡易データ

※2019年12月20日をもって閉館
大分県別府市大字鶴見457
11時~21時→11時~15時・18時~20時
300円→350円
訪問:2004年4月・2008年1月・2016年3月・2018年10月・2019年4月

鉄輪温泉 かんぽの宿別府 温泉分析概要

宮の森源泉 単純温泉 73.0℃ pH=7.5 溶存物質計=0.453g Na=52.8mg(51.22mv%) K=7.3 Mg=9.1 Ca=25.1(27.84) Sr=0.2 F=0.1 Cl=27.2 S2O3=0.3 SO4=94.8(40.62) NO2=0.4 NO3=4.8 HPO4=0.2 HCO3=122.0(41.24) H2SiO3=108.0 HBO2=1.0 CO2=4.0 (H26.6.17) ※温泉利用状況=加水あり・循環あり・塩素系薬剤使用あり

【以前の分析】宮の森泉源 単純温泉(Na-SO4・HCO3) 87.9℃ pH=8.1 溶存物質計=446mg Na=58.6mg(54.70mv%) K=6.1 Mg=8.7 Ca=24.3(26.02) Sr=0.2 Al=0.2 Cl=24.9 SO4=95.0(42.55) HPO4=5.1 HCO3=84.3(29.72) CO3=14.4 H2SiO3=123.0 HBO2=0.8 (H16.7.20) ※加水あり・循環あり・塩素系薬剤使用あり

【以前の分析】薬師温泉 単純温泉(Ca・Na・Mg-SO4・HCO3型) 96.4℃ 溶存物質計=378mg Na=27.1mg(27.38mv%) K=6.3 NH4=0.1 Mg=14.4(27.38) Ca=35.5(41.07) Fe3=0.1 Cl=28.7(18.37) Br=0.1 SO4=93.0(43.99) HCO3=79.3(29.48) CO3=10.6 H2SiO3=73.6 CO2=1.7 (S62.4.30)

-別府市, 閉館休業など, 大分県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.