神丘温泉 豊山荘

投稿日:

神丘温泉 豊山荘 2019年4月

再訪したかったがタイミングが合わなかった豊山荘です。豊山荘には男女別大浴場の他に貸切湯もありますが、今回も大浴場を利用。入浴料金400円のところ、温泉本の半額チケットを利用させていただきました。訪れたのは平日の昼間なので他にお客さんはいませんでした。掲示の分析書を確認しましたがH16年分析のもので前回からの更新はないようです。

浴室への入口ドアに注意事項が掲示されていました。源泉は熱湯なので給湯口など「熱湯注意」、服を脱ぐ前に浴槽温度とシャワーの「温度注意」、入浴後は窓を開ける「換気注意」、次の方のために温泉を適量にして水を止める「湯量注意」、以上4つの注意がありました。

浴槽は5-6人サイズで前回では総木造りとコメントしましたが基本は石造り、湯舟縁と底部分に木材を使用したものに訂正させていただきます。

お湯は無色で微濁り、少しこなれた感が出ていましたが高温源泉なのでそのままの温度で利用するとどうしても少量投入やむなしでしょう。ツルツル感が前面に出て浴感に特徴があります。湯口にコップがあったので少し口に含むと弱いタマゴ臭味を感じました。

JR別府駅からバスで向かい「ベネフィットフォーユー前」で下車、徒歩一分で着きました。近くには小倉薬師温泉・丘の湯があります。
(三昧・2019年4月)

▼豊山荘 案内板

▼豊山荘 外観

▼男女別大浴場入口

▼男性浴室(浸かった様子)

▼湯口

▼女性浴室

▼浴槽

▼湯口

神丘温泉 豊山荘 2006年4月

別府温泉本に「つるつる名湯」と紹介があり、気になって立寄る。館内はキレイで清潔感が漂い、印象が良いです。お宿には男女別大浴場と数箇所の貸切風呂があるとの事ですが、今回は大浴場を利用しました。

1.6×3.5mほどの細長い浴槽は、総木造り(←自分の見間違いで実際は石造り浴槽に縁と底に木材を置いたものでした)のものでとても良いです。浴槽にはほぼ無色透明の湯が満たされています。塩ビの湯口より、源泉が少量のみ投入されています。源泉は95.6℃と高温のため、投入量を絞って温度調整しているようです。無色透明、エグ味と弱タマゴ味の湯。とろんとろりん感覚と、確かにツルツルの浴感はありましたが個人的にはあまり感動はなし。熱交換などにより95.6℃の高温源泉を上手に冷まし、現在の少量ちょろちょろ投入からもうすこし増やしてほしいところ。
(三昧・2006年4月)

▼豊山荘 外観

▼金魚がお出迎え

▼桜が生けられていました

▼男性浴室

▼湯口

神丘温泉 豊山荘 2004年4月

こぢんまりとした館内に女性好みしそうな装飾を配した「豊山荘」です。館内には貸切露天風呂・貸切内湯+岩盤浴といろいろあるようですが、250円で利用できるのは男女別内湯のみのようです。だとしても旅館のお風呂を250円で利用できるとは、関東圏からしたら破格にお安いです。

女性浴室には6~7人サイズの長方形浴槽がひとつ。パイプより触るのも大変な激熱湯がチョロチョロ投入されています。高温源泉100%での適温利用を貫くためか浴槽サイズに比べ圧倒的に投入量が少ないです。そのためか訪問時は既に多くの人が浸かった後のようで、残念なことに湯汚れが生じていました。浴槽内ではごくわずかな白濁りのあるほぼ無色透明適温湯。湯口でタマゴ臭、一口含むと仄かなタマゴ味、スベスベとした肌触りがありました。
(まぐぞー・2004年4月)

神丘温泉 豊山荘 データ

大分県別府市別府市小倉4組
Googleマップでみる
0977-21-8080(電話受付12時~19時)
10時~20時
12時~19時(土曜日・宿泊のお客さんが多い日~15時)
大浴場250円→400円
訪問:2004年4月・2006年4月・2019年4月

神丘温泉 豊山荘 温泉分析

単純硫黄泉(硫化水素型)95.6℃ pH=9.1 溶存物質計=965mg Li=0.4mg Na=210.0(94.64mv%) K=14.8 NH4=0.2 Ca=1.4 F=2.0 Cl=16.2 SO4=283.0(63.33) HCO3=85.4(15.04) CO3=87.0(15.58) HBO2=1.7 H2SiO3=263.0 HAsO2=0.1 H2S=4.5(H16.1.28)※循環なし・加温なし・加水なし・入浴剤・消毒剤使用なし

ソラシド・大分

地域別入湯ボタン

-別府市の温泉, 大分県の温泉

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.