別府市 大分県

別府温泉 ゲストハウス松亀荘(Guest House Matsukiso)

投稿日:2021年3月15日 更新日:

北浜エリアにあるゲストハウスです。4階建てのちょっと古めかしい外観の和風温泉宿の印象を受けます。受付には外国の従業員の方々が多く目立ちました。皆さんから元気よく「いらっしゃいませ」と声をかけていただきました。入浴を申し出て別府八湯温泉道のスタンプを押印します。 入浴料金は300円と低価格な設定です。

利用した男性側浴室には6-7人サイズのタイル石造りの浴槽が一つあります。露天風呂はありません。パッと見た感じは淡緑色透明、湯口での味見では薄塩味を感じます。湯に浸かり肌をさするとツルツルとした浴感があります。析出物が堆積した湯口からは約5L/minほどの湯が浴槽へ落とされています。インバウンドのお客さんが多いのか湯温は約41℃で別府ではぬるめに調整されていました。この浴槽サイズからしてもう少し投入量が欲しいとこです。
(三昧・2018年10月)


 

北浜地区の中でも海のすぐそば、隣には大人気食堂「とよ常」という好立地に位置するお宿です。昭和の昔ながらの旅館を、いまどきのゲストハウスとして営業しています。宿泊利用も便利でよさそうですが、今回は立ち寄り入浴でお邪魔しました。

館内には男女別内湯がひとつづつ。女性側には、石板張りの長方形浴槽がひとつあります。浴槽は細長い感じで、横並びに5人は入れそうです。浴槽の構造から以前の旅館では循環利用だったかな?と思える形跡がありますが、現在の松亀荘では掛け流し利用されていました。

湯口より激熱源泉をチョロチョロ投入、浴槽内でぬるめとなって掛け流されています。ほぼ無色透明の湯はほんのり塩気のあるあたたまり湯です。おそらく外国のお客さんが多いので「ぬるめ」になるよう湯量を調整されているのかなぁと思います。欲を言えばもう少し投入量を増やしてもいいかな?と思いました。あくまでも個人の好みです。また浴室の一画には空っぽの謎の槽がひとつありました。

ちなみに館内に平成十八年の「温泉カルテ」なるものが掲示されていたんですが、これは以前の経営時のもので温泉利用情報が「循環」となっているので、まだ掲示されてままなら外した方がいいかな~。いまは掛け流しなのに、もったいない。
(まぐぞー・2018年10月)

▼和風な館内

▼温泉の案内

▼訪問時男性側だった浴室

▼湯口

▼訪問時女性側だった浴室

▼湯口

▼溢れ出し

 

別府温泉 ゲストハウス松亀荘(Guest House Matsukiso) データ

大分県別府市北浜2-12-21
0977-76-5658
Googleマップでみる
6時~22時
300円
訪問:2018年10月

別府温泉 松亀荘(Guest House Matsukiso) 温泉分析概要

(貯湯槽手前流出口での分析)松亀の湯 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 58.3℃ (掘削動力) pH=7.8 溶存物質計=2.164g Li=1.3mg Na=503.0(73.25mv%) K=49.3 NH4=0.3 Mg=28.0 Ca=83.6 Sr=0.8 Ba=0.3 Mn=0.6 F2=0.2 F=0.1 Cl=623.0(60.54) Br=2.3 SO4=43.1 HPO4=0.2 HCO3=641.3(36.22) H2SiO3=180.0 HBO2=7.0 CO2=17.6 (H29.1.30) ※温泉利用状況=100%源泉掛け流し(HP内に記載あり)

JTB・大分

-別府市, 大分県
-

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.