北海道

アサヒ湯

投稿日:2018年10月7日 更新日:

帯広市内にある温泉公衆浴場の一つ「アサヒ湯」です。到着すると鄙び系かと想像して訪れましたが、新しめな建物でした。受付で入浴券を渡す定番のシステムです。券売機横には待ち合わせに利用できるちょっとした休憩スペースも完備。

浴室には左手に洗い場、奥にサウナがあります。右手には手前からメイン浴槽、奥にサウナ用水風呂を配置。カランシャワーには温泉を利用しています。浴槽湯は茶褐色の透明でモール泉、モール臭は控えめで弱いタマゴ臭を感じます。ここの温泉も身体を包み込むような細かい気泡がたっぷりと身体に付着してきます。拭うとにゅるんニュルンの心地良さがたまりません。源泉は浴槽内に直に注入されており、なんてったって湯の鮮度が素晴らしいです。いろいろな泉質や湯色、臭い等ありますが、やはり鮮度が良いのが一番ですね。機会があったら再訪したいです。
(三昧・2018年8月)


住宅地に位置するこぢんまりとした温泉浴場です。訪問前は大きな昔ながらの公衆浴場を想像していたのですが、意外にも黒や茶色の落ち着いた色合いをベースにした温泉施設でした。脱衣所から浴室までとてもこぢんまりとしていて、一応シャワーは6台ありましたが、あれが全部埋まるとかなり窮屈だと思います。館内は全体的に清潔感があり、昔ながらの公衆浴場を苦手とする人でもここなら大丈夫かもしれません。

浴室には二つに仕切られた長方形浴槽がひとつあり、片方は4人サイズの温泉槽、もう片方が2人サイズのサウナ用水風呂となっています。肝心の温泉は熱すぎずぬる過ぎずの絶妙湯加減で、ウーロン茶を少しばかり薄めたような明るい茶系に色づき、湯の中には細かな気泡が無数に浮遊しています。その効果かたいへんニュルツルした肌触りがあり、ついつい体をなでまわしてしまいます。湯は浴槽内前面にある三つの丸い湯口から投入され、常にサラサラと溢れ出しが見られます。溢れ出し量から察すると浴槽サイズにして十分な投入量があるものと思います。湯色からモール臭を想像していたのですが、意外にも硫化水素系タマゴ臭が勝り、この辺りもマニアウケが良さそうでした。
(まぐぞー・2018年8月)

▼入口

▼休憩スペース/男性浴室(何故か画像がボケてしまいました)

 

▼別の角度から

▼温泉槽/掲示

 

北海道帯広市東3条南14丁目19
0155241933
13時~23時(日曜日は6時~10時の朝風呂あり)
440円
訪問:2018年8月
ピリカイコロユ(男湯注入口での分析)アルカリ性単純温泉 42.3℃ pH=8.9 溶存物質計=0.457g Na=123.7mg(97.46mv%) K=2.1 NH4=0.5 Ca=0.9 Mn=0.3 Fe2=0,3 Zn=0.1 F=0.5 Cl=46.3(24.49) OH=0.1 HS=0.9 SO4=0.4 HCO3=205.9(62.99) H2SiO3=52.8 HBO2=4.1 CO3=17.4 HPO4=0.5 (H29.9.19) ※温泉利用状況=掲示見当たらず

クーポン・手形のついた温泉本

▼手形11月15日~12月15日
温泉博士 2018年 12 月号 [雑誌]

▼クーポン2019年末まで
ぐんまの源泉[日帰り入浴]パスポート 2018-2019版

-北海道

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.