閉館休業など 青森県

湯段温泉 岩木山高原荘(閉館)

投稿日:

湯段温泉 岩木山高原荘は閉館しました。その後の利用状況は不明です。

嶽温泉から湯段温泉に向かう途中にあるお宿です。こじんまりした湯段温泉街から少し離れた所にありますが、ココも湯段温泉になります。別荘地区に混じって建物はあります。立ち寄り出来るかどうか不明でしたが、行ってみると入湯ok。女将さんの話だと利用源泉は自家源泉という。以前の所有者から譲り受けたようです。男女別の内湯が一つずつ有り。訪れた時は宿泊客もいなかったので貸切りで利用して良いとの事。お言葉に甘えて女湯にて貸切で湯浴みさせていただきました。

温泉街の湯治宿とは異なりキレイな館内と浴室です。1.6×2.3mほどの長方形型の浴槽で、黄土色がかった緑笹濁りがドンドコとオーバーフローしてる。この光景を見ただけでかなり満足で、思わず嬉しくてニンマリしてしまう。浴室底は析出でコッテコテ状態で、赤茶や黒茶色、クリーム色などの析出でビッチリです。湯口より30L/minほどの源泉が浴槽へ注ぎ込まれての掛け流し。弱キシ感に細かいアワが浮遊していて体を摩るとスベスベして気持ちがいい浴感がある。温度も41-42℃の適温で更に良い。やはり、湯段の湯は立ち寄りではなく、宿泊してじっくりとゆっくりと堪能してみたいものです。
(三昧・2006年1月)


せっかく湯段温泉まで来たのだから、どこかに立寄り入浴しようと、たまたま前を通りかかった「岩木山高原荘」へ飛び込んでみました。陽も暮れ、真っ暗になった湯段温泉で立寄りは無理かなぁ?と思いつつ、オソルオソル玄関を開けたのですが、女将さんが快く受付けてくださいました。しかも「今日は他にお客さんはないから、女湯でも男湯でも好きな方を貸しきりでどうぞ」との事。感謝感謝です。

この岩木山高原荘、外観は地味なのですが浴室はなかなか雰囲気のある造りでした。4人サイズの内湯浴槽がひとつの浴室は、ガラス窓が大きくとられ外の庭に降り積もる雪がよく見えます。また、浴室の上半分が木造で、それもまた良い風情を醸し出していました。

湯はここだけで利用という独自源泉との事。やや温めの湯は湯口で無色透明、浴槽内で緑がかった黄土細々濁りのキシキシ湯。体に細かな泡がビッチリ付着し、その為かスベスベ感もあります。湯面からは金気臭がプンプンし、口に含むと薄ダシ塩金気風味。溢れ出しも多く、ぬるいながら温まり度は大きく、浴後はいつまでもポカポカです。備品はシャンプー、ボディソープ。浴室の雰囲気もよく、お湯も気に入り、また再訪問してみたいお宿でした。
(まぐぞー・2006年1月)

▼今回貸切利用した女性浴室

▼溢れ出し

▼男女の仕切りにお正月飾り

湯段温泉 岩木山高原荘は閉館しました。その後の利用状況は不明です。

湯段温泉 岩木山高原荘 簡易データ

青森県弘前市大字常盤野字湯段萢1-84
立ち寄り時間要問合せ
400円
訪問:2006年1月

湯段温泉1号泉 ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-塩化物泉 44.5℃ pH=6.4 170L/min(自噴・間欠泉) 蒸発残留物=3036mg (S55.12.16)

-閉館休業など, 青森県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.