青森県の温泉

三沢空港温泉

更新日:

米軍と航空自衛隊、そして民間との共同飛行場である三沢空港入口の対面にある温泉施設です。早朝6時から24時の夜遅くまで営業しているので空港利用者はもちろん、利用者には便利です。低料金で楽しむ事ができます。

内湯浴槽・サウナ・露天風呂を完備。浴室底は見事な十和田石が敷かれています。長方形の10人ほどが入れるタイル浴槽が内湯です。やはり、ジャグジーが作動中。やや黄緑がかった湯、透明、無味無臭の42℃。つるすべ感が気持ち良い湯で、源泉の特徴が出ていると思う。

露天風呂は内湯からそのまま直接に移動可能で、屋根付きの庭園風の露天風呂となっています。場所が場所だけに周囲は壁で囲われていて、眺望は無しですがこれは仕方がありません。内湯よりスベスベ浴感が強い41℃で掛け流し。
(三昧・2005年7月)


 

三沢空港のすぐ近くにある温泉施設です。場所柄か、他所の青森県内によくみられる素朴な温泉銭湯とは違う、関東圏でよく見かけるスーパー銭湯タイプ。館内はとても広々で、脱衣所も広々、浴室もドーンと並ぶカランスペースに、ジャグジー、露天風呂、サウナと盛り沢山、どれから入ろうか迷う程。

湯は浴槽内で薄ーく深緑がかった透明。ニュルニュルスベスベ浴感で、溢れ出しも結構あります。カランのお湯もニュルニュルだったので温泉と思います。これだけの充実内容で280円とは、さすが青森のビックリ価格。浴槽の種類が多く、半日のんびり過ごしても飽きそうにありません。その所為か、結構な賑わいでした。BGMもここでは演歌ではなく小鳥のさえずりです。
(まぐぞー・2005年7月)

三沢空港温泉 データ

青森県三沢市東岡三沢1-83-90
Googleマップでみる
0176-53-4167
5時30分~24時
280円→370円
訪問:2005年7月

三沢空港温泉 温泉分析概要

三沢空港温泉 アルカリ性単純温泉(Na-HCO3・Cl) 45.1℃ 560L/min 溶存物質計=348mg Na=73.2mg(96.95mv%) K=3.7 Ca=0.2 F=1.4 Cl=25.4(21.56) SO4=24.6(15.27) HPO4=1.9 HCO3=79.3(38.92) CO3=21.0(20.96) H2SiO3=116.8 HBO2=0.7 (H9.12.15)

駅麺紀行・青森

-青森県の温泉
-

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.