青森県の温泉

おおま温泉 海峡保養センター

更新日:

大間町営の温泉宿泊施設で、温泉浴室を一般立ち寄りで開放している。7月の半ばというと、蒸し暑くてヒーヒーの毎日が続いている時期だが、この日この一帯は妙に霧が立ち込めており半袖では肌寒い状況。例の温泉本の掲示でドリンク無料との事で立ち寄る。まー、遥々と本州最北の地までよく来たもんだと我ながら思う。

浴室は妙に広い空間。その空間の一角に20人以上が入れるタイル張り浴槽がある。とにかく広い浴室空間が目立つのだが、ここまでの広さは必要ないと思う。湯は無色透明、塩味強し、弱苦味の43℃。養老センターと利用源泉は同じものですが、循環ろ過により、養老センターでは見られた鉄分は除去されている。

湯上り後はいただいたジュース片手に、異常にだだっ広い休憩室でしばし休息する。老夫婦が大相撲夏場所を鑑賞中であった。何から何まで広い海峡保養センターである。
(三昧・2006年7月)


三度目の正直でようやく湯浴みできた温泉施設。過去2回、すぐ近くまで訪問しつつも、改装中やらなんやとタイミング悪く湯浴みが叶いませんでした。大間温泉海峡保養センターは、いかにも公共といったドーンと大きな建物で、フロント兼受付、ゲームコーナーなどなど・・全国各地でよく見かけるタイプの施設です。こういう施設は大抵大勢の日帰り客で賑わっているのですが、訪問時が平日の昼間だった所為か、はたまたお土地柄なのか、他にお客さんの姿が見当たらず、ガラーンと寂しげな空気が流れていました。

男女別浴室は、まさに「大浴場」といった趣。浴室に入りまず驚いたのが、洗い場スペースの広さ。あまりに広いので、素っ裸で体育館にポツネンと立っているような、妙に気恥ずかしい気分になってしまう。そして広い浴室の隅っこに申し訳なさそうに浴槽がひとつ。洗い場スペースがあまりに広いので浴槽が小さく見えますが、それでも軽く10人は入られる大きさです。

利用源泉はすぐ近くの養老センターと同じものですが、こちらは除鉄濾過され、無色透明となっていました。循環・塩素利用の掲示がありましたが、溢れ出しもそれなりにあり、嫌な臭さもありません。循環濾過の為か養老センターと比べ「こなれ感」があり、あちら程のキシキシ感はありません。ただし、こちらもショッパく重い湯です。
(まぐぞー・2006年7月)

▼男性浴室

おおま温泉 海峡保養センター データ

青森県下北郡大間町大字大間字内山48-1
Googleマップでみる
0175-37-4334
8時~21時(受付20時30分)
370円380円→400円
訪問:2006年7月

おおま温泉 海峡保養センター 温泉分析概要

大間温泉 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 48.5℃ pH=? 溶存物質計=13807mg Na=4001mg(75.82mv%) K=173.7 NH4=0.9 Mg=47.5 Ca=931.3(20.24) Mn=1.4 Fe2=13.2 Fe3=0.6 Li=0.6 F=0.8 Cl=6679(83.25) Br=5.4 I=5.0 SO4=1613 HCO3=254.2 H2SiO3=25.7 HBO2=52.2 CO2=101.8 As=0.1(H17.7.28)※加水あり・循環濾過あり・塩素系薬剤の使用あり

Google・青森

-青森県の温泉

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.