岡山県

湯原温泉 さつき荘

投稿日:2019年10月22日 更新日:

湯原の温泉宿に立ち寄りしました。外観は家族経営の小規模旅館といった感じ。声掛けしてみると「どうぞ温まっていってください」との事。

男女別浴室もあるものの、どういうわけか家族湯にご案内いただく。2人サイズの長方形タイル風呂、小さ目で家族風呂そのものの印象だ。浴槽に無色透明の湯がたっぷりと満たされている。湯温は約41-42℃、水道蛇口につけられたホースが湯口となっている。こちらは自由投入可能で蛇口全開で25L/min以上は湯が出てくる。独特の薬臭を感じ、これがまたなんとも良いのです。すこしお湯にこなれた感がありましたが、源泉投入Maxでの湯浴みはまずまずでした。

入浴後は大女将よりお茶とはんざきサブレを頂き、しばし談笑。オオサンショウウオ=はんざきについて伺い、実際に見れるという事なのではんざきセンターへ出かけようと宿を後にしました。
(三昧・2018年9月)


川沿いに比較的大きな温泉宿が立ち並ぶ湯原温泉の中で、こぢんまりとした家族経営のさつき荘です。平日の訪問では休業日のお宿も多い中、立ち寄りを伺うと快く受付けてくださいました。普通のお宅にお邪魔したような気取りのない雰囲気で、館内には男女別浴室と家族湯があります。おそらく平日は男女別は湯抜きをしていると思われ、家族湯へ案内いただきました。

脱衣所から浴室までギュっとコンパクトに収まった家族湯には、2人入ればいっぱいの長方形浴槽がひとつあります。管より無色透明熱めの湯が投入され、浴槽縁の丸穴から排湯される掛け流し利用です。訪問時は湯の投入量が少なかったので蛇口をひねり湯量を増やしてみたところ、ドーーっと大量の湯が掛け流されるようになりました。

湯面からは爽やかなクスリ臭(薬剤ではなく温泉そのものから香る)のするスッキリとした湯で、あたたまりが強く浴後の汗がなかなかひきません。派手な特徴のある湯ではありませんが、日々浸かるにはこういう湯が一番と思います。

さて浴後、女将さんにオオサンショウウオが見たいと言うと「はんざきさんは、役所にいる」というんで、てっきりオオサンショウウオに詳しい半崎さんという人が役所にいるのかと思ってました。実際行ってみるとそうではなく、役所に併設された施設でオオサンショウウオ(この地域ではハンザキサンという)が飼育されていたのでした。
(まぐぞー・2018年9月)

▼館内玄関まわり

▼家族湯

 

▼湯口

▼勿体ないくらいの捨て湯

▼はんざきサブレ

▼こちらが「はんざきさん」(ホンモノ)

▼子供はんざきさん

▼シュールなはんざきさん地蔵

湯原温泉 さつき荘 簡易データ

岡山県真庭市湯原温泉155
0867-62-2026
立ち寄り時間要問合せ
500円
訪問:2018年9月

湯原温泉 さつき荘 温泉分析概要

混合泉 アルカリ性単純温泉 45.3℃ pH=9.3 溶存物質計=0.19g Na=45.0mg(91.59mv%) K=0.8 Ca=3.2 F=1.0 Cl=20.6(28.86) SO4=8.6 HCO3=56.1(45.77) CO3=7.8 BO2=0.2 OH=0.3 H2SiO3=46.7 (分析日不明) ※温泉利用状況=全ての項目において該当なし

-岡山県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.