閉館休業など 岩手県

高倉山温泉 豊楽園(閉館)

投稿日:2012年6月10日 更新日:

高倉山温泉 豊楽園は閉館しました。

鄙び系の温泉保養旅館です。訪問時は立寄りのみ受付。玄関前には赤鬼さんが屋根を支えているオブジェがあり、訪問客を楽しませてくれます。受付を済ませ浴室へ向かいます。かなり寒々とした館内、受付から浴室まで行くのに結構な距離があります。暖房が効いていないので早く湯に浸かりたく急いでしまいます。

浴室は今では男女別ですが、もともとは混浴だったことを推測させる造りです。小池のような形をした古めかしいタイルを用いた浴槽で4人サイズの広さがあります。湯口は女湯にあるようで男湯にはありません。無色透明、肌触りの良いつるつる浴感が特徴的なお湯です。浴槽縁よりオーバフローがあっての掛け流し。41-42℃と温めよりの適温ですが、浴後はホコホコと温まります。鄙びた様相の外観といい、赤鬼といいなかなか気に入りました。
(三昧・2008年1月)


12号沿いに温泉宿が点在する花巻南温泉郷の中の一軒です。長閑な地にポツンと建つ鄙び系のお宿で、大きな赤鬼のオブジェが目印。比較的広さのある旅館ですが、宿泊の受付は不明。私達は立寄りで利用させていただきました。玄関で料金を支払い浴室へ。真冬の訪問でしたが、この館内、とにかく冷え冷えとして寒いのです。

浴室は男女別に内湯があります。お宿同様、年季の入った浴室ですが、窓の外は川が流れ、眺めはまずまず。そして壁には青い目をしたゾウのオブジェがあります。随分古いものらしく、ちょっと崩れかかっていますが、鼻の部分がシャワーの形をしているので、以前はここからお湯が出ていたのかも。赤鬼といい、ゾウのシャワーといい、遊び心満載のお宿ですね。

肝心の温泉もなかなかでした。女性側は以前は混浴だったと思われる円形浴槽を半分に仕切った三人サイズのもので、丁度男性側との境目辺り浴槽内部に湯口があり、やや熱めの源泉が静かに流し込まれています。浴槽内で適温、無色透明な中に少しばかりの細かな茶色い浮遊物(湯花?)が漂うもので、湯の中で指を摩るとヌルヌル感があり、肌を摩ると何とも心地よいツルツル感があります。温まり度も大で、冬の湯浴みにもってこい。オブジェも楽しいですが、お湯も満足でした。
(まぐぞー・2008年1月)

▼外観/玄関近くで熱い視線を送るお宿のわんこ

▼名物の赤鬼/傘立てになっていました・・

▼男性浴室

▼女性浴室

▼壁には女性と子供とゾウ/ゾウのアップ(鼻がシャワーだゾウ)

高倉山温泉 豊楽園は閉館しました。

高倉山温泉 豊楽園 簡易データ

岩手県花巻市下シ沢字大久保26-4
9時~21時
200円
訪問:2008年1月

高倉山温泉 豊楽園 温泉分析概要

高倉山温泉 単純温泉(Na-SO4・Cl) 46.1℃ pH=9.1 47.6L/min 溶存物質計=680.6mg Na=220.3mg(98.56mv%) K=1.6 Ca=2.1 F=6.6 Cl=79.1(22.04) SO4=252.7(51.98) HCO3=63.8 CO3=37.2 H2SiO3=3.9 HBO2=13.3 (H12.9.18)

-閉館休業など, 岩手県

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.