北海道

川湯温泉 KKRかわゆ

投稿日:

川湯温泉にあるKKR系の中規模な宿泊施設です。宿泊はもちろん立ち寄り入浴にも積極的で、受け入れ時間も比較的長く設定されています。訪問時は宿泊客のチェックイン前でしたので、館内と浴室はまだまだ閑散としていました。浴室へは階段を階下へ進みます。脱衣所も白をベースとした壁で、他所でもどこでも見慣れたものですが毎度清潔感がありますね。

浴室は少しムシっとした感じですが許容範囲な軽サウナ具合です。野球のホームプレート型のタイル張り浴槽、7‐8人サイズでゆったりの広さがあります。タイル湯口からは高温源泉の少量投入がります。無色透明、塩味のある強酸味、収斂味のするお湯で、浴槽湯温で約42‐43℃ほど。湯舟手前部分の全面よりオーバーフローある掛け流し。露天風呂もあって当然浸かってみました。屋根掛けのある正方形浴槽、2‐3人ほどで石造りです。お湯は内湯と同じ、湯使いも同様です。火照った身体にひんやり外気が心地良いですね。たっぷりと浸かりこんで宿を後にしました。
(三昧・2018年8月)


川湯温泉にある設備の整った綺麗な施設ですが、比較的手ごろな料金で立ち寄りも受け付けています。浴室は受付から階段を下りた先にあります。脱衣所を抜けると広い内湯があり、外には露天風呂も設置されています。シャワーは使いやすく浴室も清潔なので、マニアではない一般のお客さんでも問題なく利用できると思います。先ずは内湯ですが、10人弱サイズのほどの浴槽がひとつあり、湯口より無色透明の熱い源泉を投入しています。浴槽サイズにして投入量はちょっと少ない印象ですが、浴槽内でちょうど適温になるよう湯量調整されています。掛け流される湯は無色透明で、他の宿で見られた黄白い硫黄パウダーは見られません。湯面からは明礬臭が漂い明瞭な酸味と塩気のある湯で、すべすべとした肌触りがあります。おそらく清掃後に湯を張りなおしたばかりと思われる綺麗な湯で、気持ちよく利用できました。

続く露天風呂は後付けしたような3人サイズのこぢんまりとした浴槽で、こちらも内湯同様の無色透明湯がややぬるめ寄りの適温で掛け流されています。一見するとおとなしそうにも感じますが、やはり酸味と塩気のはっきりとした湯で、ぬるめ寄りということで長湯をしてしまうと浴後はヘロヘロになってしまいそうです。内湯同様に湯はとても綺麗で、気持ち良く利用することができました。
(まぐぞー・2018年8月)

▼外観

▼男性脱衣所/洗い場

 

▼男性内湯

▼内湯湯口

 

▼男性露天風呂

▼女性内湯

▼浴槽/湯口

 

▼女性露天風呂

 

北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-2-15
0154832643
13時~20時
400円
訪問:2018年8月
8番地・10番地泉の混合 酸性・含鉄・二酸化炭素・硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型) 44.3℃ pH=1.8 溶存物質計=mg H=16.0mg(34.80mv%) Na=267.5(25.53) K=30.2 NH4=1.2 Mg=52.4 Ca=108.9 Al=51.8 Mn=7.6 Fe2=39.7 Fe3=0.5 Zn=0.8 F=5.4 Cl=545.4(33.78) HSO4=606.0 SO4=1135(51.90) H2SiO3=232.2 HBO2=17.9 CO2=1395 H2S=4.5 (H14.8.28) ※温泉利用状況=全ての項目において該当なし

-北海道

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.