松之山温泉 松之山温泉センター鷹の湯

更新日:

松之山にある日帰り温泉施設です。結構な人気で、週末などは利用客で賑わっている時が多いようです。今回で二度目の訪問となりました。男女別浴室にはそれぞれ内湯と露天風呂を備えまています。ガラス張り内湯に10人サイズの長方形タイル浴槽があります。浴槽隅にある大きな岩石湯口には「熱湯注意」の掲示がしてあります。ココより分析数値で85.5℃の高温源泉が数L/minほど浴槽へ落とし込んでいます。お湯は無色でちょい微濁、松之山の強い苦塩味を伴います。

そのまま扉向うの露天風呂へ移動します。階段を5-6段ほど下ったところにそれはあります。8人サイズのほどの丸タイル浴槽で、縁には石を配置してあります。浴槽底にて吸い込み作動、そしてジェット仕様の吐き出しがあります。源泉は塩ビ管より高温源泉をチョロチョロと投入あり。とりあえずは掛け流し併用だが、ほぼ循環ベースの湯使いといってもいいかなぁ。利用客の多さと高温源泉もあり、これがベストな湯使いと言ってもいいでしょう。
(三昧・2014年6月)


 

松之山温泉街のど真ん中に位置する日帰り温泉センターです。随分以前からある印象ですが、不思議と古びた感じは受けません。ここは地元の方にも大人気でいつも混雑しているために敬遠していたのですが、今回は人の少ない朝一番だったので立ち寄ってみました。

館内には男女別に浴室があり、それぞれに内湯と露天風呂が造られています。脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、外光射し込む窓に沿って10人サイズの浴槽がひとつあります。湯口より触るのも危険な激熱源泉をチョロチョロ投入、浴槽内で循環稼動。湯使い的にはほぼ循環ベースでさし湯程度の源泉投入といったところでしょうか。ほんのり白濁がかった無色透明湯は浴槽内でややこなれ気味の適温、弱いつるつる感のする湯です。とにかく石油臭がムンムンと目立ち弱いヨード臭も香る、とても塩辛い松之山ならではの湯です。

続く露天風呂は細い川沿いに造られています。こちらにも10人サイズ浴槽がひとつあり、湯使いは内湯と同じ。すぐ目の前には緑が眩しい裏山の斜面が見え、清々しい湯浴みが楽しめました。今回は朝一番の訪問だったためか、お客さんは常時1~2人で静かにノンビリとお湯を楽しむ事ができました。
(まぐぞー・2014年6月)

▼松之山温泉センター鷹の湯 外観

▼玄関

▼温泉発電システムの掲示

▼休憩スペース

▼男性内湯

▼湯口

▼男性露天風呂

▼湯口

▼浴槽から

松之山温泉 松之山温泉センター鷹の湯 データ

新潟県十日町市松之山湯本18-1
Googleマップでみる
025-596-2221
10時~22時(12月~3月21時)(受付30分前まで)
第2・4木曜日休み(祝日は翌日)
500円
訪問:2004年3月・2014年6月

松之山温泉 松之山温泉センター鷹の湯 温泉分析

鷹の湯1号、鷹の湯2号、鷹の湯3号 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 85.5℃ pH=7.5 溶存物質計=14978mg Li=1.9mg Na=3500(60%) K=130 NH4=31 Mg=2.1 Ca=1900(38) Sr=27 Ba=1.1 Mn=0.1 F=2.8 Cl=8900(99) Br=25 I=10 SO4=72 HCO3=15 H2SiO3=110 HBO2=250 CO2=0.8 (H20.10.30) ※加水あり・循環あり・塩素系薬剤の使用あり

Google・新潟

-新潟県の温泉

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.