インドの温泉|はしご湯のすすめ温泉入湯リスト

投稿日:2012年5月30日 更新日:

ラダック
ヌブラ渓谷パナミック村 OASIS Cafe&GuestHouse(宿泊)
ヌブラ渓谷パナミック村共同浴場(Panamik Hot Spring)
ヌブラ渓谷パナミック村の源泉地見学(Panamik Hot Spring)
レー・サブー村鉱泉の源泉地見学

ヒマーチャルプラデーシュ州
マニカラン シーク教寺院グルドワラ・大露天風呂と女性内湯
マニカラン シーク教寺院グルドワラ・男性内湯
マニカラン シーク教寺院グルドワラ・岩盤浴
マニカラン MOON G.H. (宿泊)
マニカラン Sharma Sadan G.H. (宿泊)
マニカラン お茶屋さんの湯小屋
マニカラン 名前不明のゲストハウス
マニカラン ヒンズー寺院施設の公衆浴場(階段上)
マニカラン シャルマゲストハウス(Sharma guest house)
マニカラン 超ハイシーズン(6月)の室料について
バシスト村(バシッシュト村)温泉 男性露天風呂
バシスト村(バシッシュト村)温泉 女性浴室
マナリの中心部からバシスト村への行き方(ミニバスまたは徒歩)
 

インドの温泉を楽しむために

インドの浴場は男女ともに下半身は必ず隠します。海パン・下着・布巻、使用するものは基本的に自由です。持ち物としてはタオル・石鹸の他に、体を洗う時に使用する手桶(現地の商店に売ってます)、衣類などを入れる袋を持参すると便利です。

インドではほとんどの人は入浴前にしっかりと石鹸で体を洗ってから湯に浸かっていました。バシスト村では体を洗わないで入ろうとしたり、プールのように騒いで泳ぐインド人観光客の若者が地元の人に注意されていました。

それなのに午後から油浮きが生じることとがあり「なんでかなぁ?」と思ったんですが、インドは体に油を塗る人が結構いて、どんなに石鹸で洗っても多少は残り、それが湯面に油浮きを生じさせるんだと思いました。日本と同じく朝は鮮度良好で時間が経つにつれて湯がなまって来るので、早め早めの入浴をおすすめします。
 

-地域別温泉入湯リスト

Copyright© はしご湯のすすめ・温泉棟 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.