北海道

レースイの湯

投稿日:2018年12月21日 更新日:

JR夕張駅の目の前にある「ホテルマウントレースイ」。建物横には日帰り温泉施設「レースイの湯」がある。レースイとは後ろにある冷水山からの由来ということのようだ。スキー場があって冬場はそれ系の需要もあるのだと思う。訪れたのはお盆休みに入ろうかという土曜日、そのせいもあってかそこそこの賑わいでした。

入浴料金は700円で券売機にてチケットを購入する。受付周りの段階で既に塩素臭が空間を漂っている。脱衣所から浴室へ移動する。パッと見た感じの印象はごく普通の日帰り施設そのものです。右側に掛け湯と上がり湯用のシャワー、その先には個別に区切られた十分な数の洗い場エリアがある。左側にはジャグジー槽と仕切り一つ横にある大浴槽?がある。更には高温浴槽といって42-43℃ほどに調整された浴槽もありました。

今回、主に浸かっていたのは大浴槽です。横並びで10数人サイズの浴槽は石造りで、湯舟縁のみ御影石。湯口からはひんやりとした非加熱源泉そのままと想像できるものを約30L/minほど浴槽投入しています。湯温は浴槽内にて約40.5℃と比較的ぬるめに調整されていました。オーバーフロー湯はガラス窓側の排湯スペースに流れ込む仕組みで、浴槽内にてハード循環ろ過も行っていました。お湯は薄っすらと茶色づいたようにも見える透明湯、弱温泉臭と少しキシキシとした感じと弱スベ感を覚えます。ジャグジー槽は見学のみで利用しませんでした。

露天風呂もありました。一部屋根掛けされている石造り露天風呂で10人以上入れる広さがあります。露天エリアは周りからの目隠しの塀で囲われている造りです。その塀の一部分を階段状態にしてその上部よりお湯を流し浴槽へ注ぎ込む方法を採っています。結構な賑わいで写真も撮れませんでしたし、お湯の観察もままなりませんでした。時期をずらして再訪してみたいと思います。
(三昧・2018年8月)


最初は別の温泉施設ユーパロの湯を目的に訪問した夕張ですが、お目当てのユーパロの湯は残念ながら閉鎖中。ということで急遽こちらのレースイの湯に立ち寄りました。レースイの湯はJR夕張駅のすぐ横にある宿泊施設併設の立派な温泉施設です。宿泊施設自体が比較的大きくしっかりとした建物で、レースイの湯も露天風呂をはじめ、数種類の内湯浴槽やサウナ、使い勝手のいいシャワースペースなど万人向け施設となっています。

脱衣所を抜けまずは内湯です。広々とした浴室にはあつ湯槽、適温湯槽、ジャグジー槽、水風呂などが並び、地元住民や観光客が湯浴みを楽しんでいました。浴槽が多いので全てを詳しく観察しなかったのですが、多くの人が一番利用すると思われる適温浴槽はほんのり茶色っぽくも見える無色透明で浴槽内循環のカルキ臭がしますが、非加熱の冷鉱泉も結構入れての半循環利用となっていました。もしかすると他の浴槽も見えない部分で冷鉱泉を入れているのかもしれません。

露天風呂は10人サイズ浴槽がひとつあり、内湯同様の無色透明湯が満たされています。浴槽には以前使っていたと思われる壁伝いに源泉を流していたらしい湯口個所があり、茶色い析出物の付着が見られたのですが、訪問時はその湯口は未使用となっていました。また、浴槽湯は無色透明ながらも浴槽内に茶色の析出物が付着しているのが見られました。露天風呂では源泉投入箇所が見つけられず、訪問時はは完全循環利用かなと感じました。
(まぐぞー・2018年8月)

▼夕張駅のすぐ横にあります

 

▼入口/男性脱衣所

 

▼男性内湯浴槽・湯口

 

北海道夕張市末広2丁目4
10時~20時30分
700円
訪問:2018年8月
ナトリウム-炭酸水素塩泉 ※温泉利用状況=加温あり・循環ろ過あり・塩素系薬剤の使用あり


スポンサーリンク

-北海道

Copyright© はしご湯別館・温泉棟 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.